忍者ブログ
ここは、zanがバトルラインについて書いていくぶっ飛びブログの跡地、のようなとこです。         このブログは閉鎖中です。

zanは田母神としおを応援しています!
というわけで最終日ポスティングだたわけですが、(選挙ビラ)

がんばりましたです!!!

とり、雪がすごい。

あれです、裏通りだと、場所によっては膝丈まで雪で埋まっています。
ズボズボといふのを通り越している気がします。

道はどこや。

※吹雪です

階段も雪が積もっていて見えないところも…


道は所によっては人が歩いた後があるのですが、
ポストまではまずないので、ずぼ、ずぼぼぼ

そして帰り道。

迷子になりました。
※ 東西南北がわからない(引っ越したばかり)ちなみに夜

あっちこっちジグザク行くと雪でどっちがどっちやら

結局、家とは真逆の方向に歩いてました。

帰ってすぐおふろに入るzan!

なんか、手のファイアー感がすごいです
(手がこおってる)

いめーじ図

これから、ファイアーマンzanと名乗ろうかと考えました!!!

…あたまがおかしかったようです。


なんか、昨日や一昨日は寒さのためか些か体調を崩したのですが、
大雪の今日はなぜか大丈夫でした。

いや、すごかったけど。やばかったけど。

お風呂に入ったら元気になりましたぽん!

なんか、ある一定以上の逆向になると、
zanのはいぱーzanスイッチが入って、
悪天候もなんのそのでそらをとぶ感じになるです!!

なにくそまけるもんかっ。ってかんじで。




zanは田母神としお候補を応援してますが、それはどうあれ
都民の皆さん選挙には行って下さい。
一人一人が日本の為を考え投票すれば、
まず日本の国益ばかりを損ね、破滅させる方向へは進まないのですが
そういった結果になったこともありました。
日本には残念ながら日本を貶め、衰退させようと企む人達がいるのです。
そういった事を企む一部の人は(自覚があろうとなかろうと)
選挙に必ず行きます。

自分一人が行かなくても変わらないや、と思っていると、そういった一部の組織票で
逆転され、民意が反映されない場合があります。
日本人はよく学ぶ民族でありますから、ネットの普及もあり、
報道などに翻弄されていた人が目覚めつつあります。
日本の未来を考え誰に投票するかを決め、投票してきて下さい。


田母神さんご武運を。

拍手[0回]


今回は真面目な記事です。
ご要望じゃない方は回れ右ー



田母神俊雄氏が東京都知事へ立候補し、選挙戦が始まりました。
何としても当選させなければなりません。


田母神俊雄氏は元航空幕僚長であり、(航空自衛隊のトップ)
麻生政権下で、日本はいい国だという論文(通称、田母神論文)
を書いたら幕僚長を更迭されました。
その後、各所で講演活動や執筆活動をされています。


どういう方かは論文を読んでもらうのが早いかと思います。
『日本は侵略国家であったのか』
http://www.apa.co.jp/book_report/images/2008jyusyou_saiyuusyu.pdf



或いは講演を聞いてもらう

【田母神俊雄】8.6広島・三たびヒロシマの平和を疑う![桜H23/8/23]



【田母神俊雄】8.6日本会議広島「ヒロシマの平和は本当か?」[桜H24/8/21]



なんとコレを見るだけで田母神氏がどんな人物か、東京都知事に相応しいのか、
分かると共に、自虐史観からも脱却でき、勉強になり、しかも面白いというおまけ付き。


田母神俊雄氏を知らない方は都民でなくともこの期に
論文と講演を見てもらいたい。



簡単にいえば東京都知事選で田母神氏以外は
右を見ても左を見ても国を売る気まんまんの人しかいないので、
田母神氏を応援して下さいということです。
田母神氏が当選しなければ恐らく東京はメチャクチャになります。
都民は苦しみます。間違いなく。

田母神氏は航空自衛隊5万を束ねた元航空幕僚長ということですから、
組織を束ねる力があり、危機管理のスペシャリストです。
首都直下型地震などのの対策としてインフラ整備は勿論、
大規模災害が起きた時、自衛隊を中心とした都民の救助体制を作る、
といったことに力を注いでくれます。
今は警察も消防も自衛隊も別個に動くということですから、
これを連携して動けるようにする、まさに幕僚長の本領です。

大事なことはですね、

国を売るようなことはしない
圧力には屈しない
約束は守る誠実さ

これらです。これらを併せ持つのは田母神俊雄氏しかいないのです。
それは講演などを見てもらえばわかると思います。

というわけでよろしくお願いします。

よろしくお願いします。


あ、寄付なども募っております。
詳しくは公式へ。
僅かでも支援を。

よろしくお願いします。

よろしくお願いします。




だいじなことなのでたくさんいっておきました。

zan的にもいま東京なので人事じゃないっていうか
いや、東京に住んでなくても人事じゃないんだけど
さらに人事じゃない

公式はこちら
http://www.tamogami-toshio.jp/

田母神氏ツイッター
https://twitter.com/toshio_tamogami

田母神氏ブログ
http://ameblo.jp/toshio-tamogami/

いちおう出馬会見

拍手[0回]


情報に惑わされるなのコーナーやって参りました。ええ。

さてはて世は情報戦争の時代です。
人は騙され易いです。
そこで、如何にして人を騙して利を取るか、というのが世界の流れとなっています。
情報に流されれば、自らは不利益を被り、またそれに気づくことすらできなくなります。
これからの時代は、常に自分で考え、情報に踊らされないことが大切になります。


実は日本経済を潰そうとしている人が山の様にいます。
日本経済が衰退していると、誰が得するのか?ということですが、
まず、諸外国は得しますね。特に先進各国は。
日本程経済力がある国が、デフレのままで弱っていてもらえれば、
それだけ他国が入る余地があるわけですから、もう大万歳です。
ですから、多くのスパイが日本に入り込み、日本を潰す為に活動しています。
言うまでもなく、マスコミはもうどうしようもありません。
日本のメディアではなく、特定アジアのメディアといっていいですね。

あと腐っているところといえば、日銀もそうですね。
ずーーーーーっと、日本を経済成長させないために必死です。
とにかく金を刷りません。何が何でも刷りません。
お陰でデフレは悪化の一方です。
白川総裁がハイパーインフレになるだの言ってる時点でもう分かると思います。

財務省も腐りきってます。
財務省というのは、税率を上げると出世します。ホントです。
もうお分かりの通り、デフレ下で税率を上げても税収は増えません。
が、財務省にとっては税収などどうでもいいのです。
税率さえ上げれば、利権が生まれ、天下りし放題です。
軽減税率を利用するって訳です。

言うまでもなく、日教組は元からの反日組織ですし、
政治にも反日の輩が大勢。
警察だろうと例外はないのです。



と、ざっと並べるだけでもこれだけいるわけです。
これらの反日勢が結託し、日本を潰そうとしているのが現状です。
で、マスコミを握られているので、国民の中には騙されたままの人もいる訳ですね。
どうにかしてここから抜け出さなければなりません。
今、時代は動き始めています。なんとか日本が甦るかもしれません。

が、とにかく元凶を潰さなければ根本的な解決にはなりません。
国民誰しもが騙されていたからこそ、反日勢が好き勝手やれたわけです。
ですから、国民が騙されない体制を整えることが大切です。
そもそもの元凶は自虐史観の教育です。


日本は侵略戦争をした悪い国だ!


日本は謝罪し続けなければいけない!


日本は借金だらけで経済成長はできない!



全てはこの様な嘘八百の戦後教育から始まっています。



日本は悪い国だと思わせておけば日本が弱体化し、諸外国は得します。

日本人を自虐史観に囚われるようにすれば、
謝罪をしろ!賠償をしろ!
というだけで天から金が降ってきます。

日本は借金だらけ、経済成長できないと思わせれば、
日本を腐ったままにできます。



これが世界の戦略な訳です。

例え事実が、


赤共の策略によって中国の内戦に巻き込まれたが、
中国をまともな内情にした日中戦争だったり、

コミンテルンや、英国などの思惑により米国に追い詰められ、
戦争を仕掛けさせられたが、
白人至上主義の植民地時代をぶち壊した大東亜戦争だったり

南京大虐殺や"従軍"慰安婦が完全なでっち上げだったり、

日本はデフレさえ抜け出せば、
他国の追随を許さないほどの経済成長が可能だったり、



というものであっても、騙してしまえば勝ちだと笑われているわけです。
日本は戦争に負けた結果、嘘と捏造だらけの歴史観を押し付けられ、
東京裁判の茶番により、日本人に自虐史観を植えつけました。

結果、日本国民は
日の丸を誇れず、
君が代を斉唱せず、
天皇は軽視され、
靖国は参拝されず、

政府は
アメリカ、中国、韓国、全てに媚を売りまくり
謝罪に賠償のオンパレード、
金はばら撒き、
国民を苦しめる為に全力を尽くす


という始末。全てがそうだとは言いません。
が、こういう人がいることはどうしようもない事実です。

もう、いいんじゃないですか。

日本は素晴らしい国です。

こんなにいい国、他にありません。

自分の国くらい胸を張って誇りましょう。



騙されない為に、
情報に流されず、何でも鵜呑みにせず、自分で考えることを大切に。



日本万歳!

拍手[0回]




クリスマス?

まぁ、サンタさんのトナカイが過労で倒れてしまったら
zanが代わりにソリを引っ張ろうと思いますです!!!!

倒れなかったらクリスマスはなかったことにするです!!


そんなこんなで今回は金融緩和についてです。

Q …

金融緩和をしなくちゃいけないんだーってことはもうお分かりだと思います。
が、まだ内容説明してないので、それを今回。


金融緩和の反語は金融引き締めです。
金融政策として、金融緩和や金融引き締めができるのです。
ま、いつでも理論は同じです。
デフレ下の時はデフレ対策、
インフレ下の時はインフレ対策をしなくてはいけませんよね。

で、この場合は

金融緩和=デフレ対策

金融引き締め=インフレ対策



です。
そもそも金融緩和とは、市中への資金供給量を増やす、
政策金利を引き下げる等のことです。

しかし、政策金利の方は、現状、ゼロ金利なのにもかかわらず
誰も金を借りない、という状態が続いています。

つまり後は、もっぱら、市中への資金供給量を増やすことが大切になります。
具体的には買いオペですね。
国債、手形、その他の有価証券を中央銀行が銀行から買い取ってもらえばいいのです。
簡単に言えばお金を刷ってくださいってことだと思ってくれればいいです。はい。(量的緩和)

で、そうするとどうなるのかですが、基本構造としては貨幣価値が下がります。
多く市中に出回れば、出回る程それだけ下がりますよね。

まぁ、実際的な話をするなら、
市中銀行が日銀の当座預金残高の額に比例して融資ができるので、
そこを増やせばそれだけっていうことですが、細かいことはいいのです。
とりあえず、市中に金がでてこない、金が回らないので、まずいことになってるのです。


さて、ここでとっても大切なことがあります。
それは、

いくら金融緩和を行っても、
        使い道がなければ銀行に金が溜まるだけ



ということです!!!
まぁもうお分かりだと思うのですが、金融緩和というのは財政出動とセットでやるのです。
そうしなければ、デフレなので結局投資も消費も大して行われずに終わってしまいます。
そこで公共投資なのです。ええ。
以前の記事にも書いたとおり、東北復興もありますので、
言い方はあまりよくないですが絶好の機会といえます。


金融緩和と財政出動でデフレから脱却しようb


Q なんだか手抜き感が…

A …

というわけでここまで。
次はハイパーインフレだとかスタグフレーションになるという論を潰します(たぶn

拍手[0回]


といふわけでやって参りました日本経済のお時間です。

Q まだやるのですか

A うん。ネタもないので。
  今回は少し短くしたy


その1で、今取るべき政策はもうお分かりいただけていると思います。
手段と方向性は明確なので、目的を今回はっきりさせます。


大切なのはGDPです。
GDPを増やすことが、経済成長ということになります。
GDPとは国内総生産のことを言います。
名の通り、どれだけ生産できたか、(どれだけの付加価値がついたか)なのです。
国の成長というのは、農業でも、工業でも、サービスでもいいのですが
生産する、これに尽きます。当たり前ですね。

そしてこのGDPというのは、国民の所得も反映しています。
生産するといっても、生産して終わり、というのではなくて、買ってもらう必要があります。
逆に言えば、誰も買ってくれないものはGDPにはなりませんよね。
そして、買ってもらえば、それがあなたの所得になります。
細かいことを言えば、例えば農産物一つ見ても、
農業生産、運送、小売、という順を追っているわけですから、それぞれの働きに対して、
付加価値が付けられ、それぞれの所得になります。
(運送もタダではないので、農家から野菜を買えば、小売店に売るときは野菜+運送の値段になるわけです)


まぁ、ともかくGDPが増えれば成長で、GDPは所得とも言える、これが分かれば大丈夫です。
これでGDPの重要性はお分かりいただけたと思います。



さて、私たちが、所得を得ると、消費もしますが、当然銀行に貯金、預金しますよね。
それでは、預金したお金はGDPになると思いますか?

そう、ならないのです。預金されたお金はあなたの資産ではあるのですが、
国全体で見たときは眠っているお金であって、他の誰の所得にもなりません。
あ、それがイケナイとか言ってるんじゃないです。うん。

で、大切なのはですね、預金が我々の資産であると同時に、
銀行にとっては負債、借金なのです。
銀行に預金すると、利子が付きますよね。(今は微々たるものではありますけど…)
銀行にとってみればこれは借金なわけです。しかも断ることのできない。
当然、預金ばかりされれば、利子の分、お金はなくなるので銀行は困ります。
ところが、銀行はお金を預けるだけでなく、貸すこともしてますね。
銀行がお金を貸すときにも利子が付くので、この差分でやっていけるわけです。


ところが、今はデフレですよね。
銀行からお金を借りる人はいますか?
そう、いないんです。逆に企業もお金を返す一方で借りるどころじゃないのです。
今ゼロ金利と言われる程、非常に安い金利でお金が借りられます。
この状況下で借りないというのは通常はありえないのです。
ですが、デフレなので借りない。バブル崩壊もチラつくんでしょうかね。

そうするとですよ、銀行はどうなるか、です。
預金され、お金を返されるばっかりで、借金だけが増えることになります。
じゃあ銀行はなんでやっていけるか、ですが、それを支えているのが政府です。

通常は、企業が銀行からお金を借り、投資をするような形が理想ですが、
企業がやれる状態ではないので、政府がお金を銀行から借りているわけです。

よく、日本は借金が1000兆円あるだとか、経済破綻するやら
この借金を将来の子供たちの負担にさせてはならない、国民一人辺りなんちゃら……
と言われてましたが、あれは嘘です。日本の借金じゃなくて政府の借金です。

そして、この借金は、我々日本国民が(銀行を通して)政府に貸しているのです。
ですから、国民は債務者ではなく、債権者なのです。
ちなみに日本の国債は(最近減ってしまったが)91.3%が国内保有です。
(これは外交のカードにも使われない強みがある)
さらに、日本国債は100%円建てなのです。
日本は自国通貨を発行でき、いざとなったら1万円札刷って返せばいいだけなので
デフォルト(債務不履行)にはなりません。
その時問題になるのがインフレですが、今デフレですよねって話です。
(そもそも日本は銀行にお金が有り余りすぎて誰か借りてくれーって状態ですから、、、)
まぁ、早い話が、日本が経済破綻するときは世界が終わるので騒ぐことじゃありません。


さて、そんなこんなで、政府がお金を借りるわけですが、
借りたまま放っておくわけじゃないです。
当然、使うわけですよね。何に使うかというと、皆さんの所得になるように使うわけです。

つまり、国民の所得の一部が、銀行に貯蓄され、GDPが減少する

そこから政府がお金を借りてGDPに(皆さんの所得に)戻す

ということをやっているわけです。うん。なるほど納得。
つまり、緊縮財政だーという事で、
政府がお金を使わないとGDPは縮小することになりますね。
(今まで政府がやってたこと

社会保障費が足りない!そうだ、公共投資を削ろう!
↓GDP縮小(当然歳入も減る)
また社会保障費が足りない!そうだ、公共投資を削ろう!

以下ループ)




っというわけで今回はキリがいいのでここまで!

拍手[0回]


HOMENEXT≫
PR


zanの玲瓏 たぶんときどき空を飛ぶ -閉鎖中-
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
zan
性別:
男性
自己紹介:
バトルラインやってます。
対戦するときはよろしくお願いします。

リンクは張りも外しも自由です!ふりー!

対戦してくれた皆さん
ありがとうございました!


and …you!

Q なにカッコつけt

対戦を記事や動画にしてくださる方、
zanは大歓迎です!
許可とらずとも、どんどんやって
もらっておkですy!!
よろしくです!

傾向
最初はささっと要所で長考かと
ほとんどがデッキテストなので
バランス崩壊してるデッキもあります。
が、常に力の限り全力でいきます!

Q zanってどんな人?
A こんな人

その後

扱っているゲームの画像の著作権
バトルライン
(c)2008-2010 8-senses.All Rights Reserved.
バトルライン コンクエスト
(c)2011 8-senses.All Rights Reserved.

「最後のガヴァタール」の使用素材

新しくがばたる公式っぽいツイッターつくった。こちら

このブログは祖国日本を応援しています。がんばろう日本。
無印バトルラインデッキ
まとめ
最新CM
カウンター
ブログ内検索
バナナー!