忍者ブログ
ここは、zanがバトルラインについて書いていくぶっ飛びブログの跡地、のようなとこです。         このブログは閉鎖中です。

バトルフォース追加ディスク記事についてはこちら←リンク

タイトル

・バトルフォース 闇の軍勢とヤンデレリーグマスター 追加ディスク


相も変わらずリンク貼れないので各所上のを検索で

まぁ、追加ディスク自体は少し前からGetchu.comDMMで出るっぽいということは分かっていたんですが、まだ追加ディスクの公式サイト情報もなく、ツイッターでのアナウンスもないので、スルーしていたのです。ですが今回、DMMの方でサンプル画像が出たので取り敢えず一報ぐらいはしておこうかなぁとなりました!!


サンプル画像はエロシーン4枚、カード画像(4枚組で)1枚出てるですね。

どうやら闇属性のカードが出て、それに加える追加ストーリーという感じのようです!
バトルフォースは、バトルラインコンクエストが元だということなので、
闇属性はコンクエで言う魔兵に当たるのかなぁとzanは思っているのですが、
まだなんにもわかりません。

エロの方はどうですか、好み分かれるので例によって特に言うこともないのですが
悪く無いと思ふです




zanとしてはカードたくさんがいいなぁとは言ったものの、仮に闇属性が魔兵の位置づけだったら、コンクエと変わらないじゃないですかやだーという事になりそう。
実際は魔兵を入れてもコンクエの方がカード枚数多そうだし!!
まぁそれを言うならバトルライン無印やれよってことなんでしょうかぽん

何にせよ公式からのアナウンスがあるまでしばらく待つのです!!
(一応発売日は5月30日になってるですね)
これって、催促していいのかぽん?
予約はもう出来るように成ってるけどどうなのぽん。




なんか探すと、追加ディスクは、
ソフト倶楽部・EICAV.com・ソフマップ辺りでも買えるみたい。
そんなに人気出たのかバトルフォース……すごいなー

拍手[1回]


はい!おはようです!
いいから毎日対戦してといふ方ちょっとまって!

よく考えたらせーぶでーた消えたんだってうん。

バトルフォース追加ディスクについてはこちら


といふわけで、今割と急いでゲームやり直してますです。
今回はレビューの方。1から詳細にレビューって書いてあったけど、
それやったら記事できあがるの五年後だな……がばたるは50年後だな…
っていうことでこれで許してぽん。

最初はADV形式で話が進みます!
ユイさん



アヤメさん

ぷらいど?
うん。ないかも。

進めていくとカードゲームについてのチュートリアルが
小出しで出てきます。


見てください。この手取り足取り感を!!

画像では少し分かりづらいですが、このカードが動ける箇所が、
少し明るめに表示されてます。で、矢印の場所に動かしてって感じです。

なので、なんか難しそうなゲームだなぁ。と感じた方でも安心です!!
ちゃんと全部説明してくれるです!


これはデッキ編集のチュートリアル

デッキは30枚で組みます。戦う内にカードも手に入るので、
手に入ったカードをデッキに組み込みつつ、ゲームを進めるのです!

ゲーム設定画面

別の記事で詳しく書くかもしれませんが、
オンライン対戦をする時は、
ディスカードの確認 なし
戦闘アニメーション なし
高速アニメーション あり
を推奨します。画面設定も低の方がいいかもしれません。

ストーリーを進める時は
戦闘アニメーション なし
高速アニメーション あり

戦闘アニメーションは、最初の1,2戦はありでやってみるといいです。
直ぐになしに設定し直すんじゃないかなぁと思います。


(一応詳しい説明
・ディスカードの確認
手札は6枚が限度で、7枚以上ある場合は、自分のターン終了時に
6枚になるまで捨てなければいけない、というルールが有ります。
これがディスカードで、この確認をありにすると、
相手が捨てたカードが確認できます。
しかし当然、自分が確認している時は、相手も待つことになります。
対戦だと大体の場合、捨てるぐらいなら兵士を場に出しますし、
戦術を捨てるという場面もそうそう現れないので、スムーズなプレイの為に
なしにする人が多いのではないかと思います(バトルラインの経験から)

検証の結果、バトルフォースのオンライン対戦では、ディスカードの確認をありにしても、
無意味(なしの設定になる)模様。

・カード実行の確認
単にカード動かす最後に決定かキャンセルかの選択肢を出すかどうかです。
オンライン対戦だとありにしておけば、操作ミスを防げます。
逆にストーリー進める時は些か面倒くさくなるので、なしでもいいと思います。

・戦闘アニメーション
カード同士の戦闘が起きた時にアニメーションを表示するかです。
一度は見ておいてもいいと思いますが、毎回表示すると、
ダレる気がします

・高速アニメーション
常にありでいいです。なしだと遅いです。
とにかく動かす全ての動作が遅くなります。
なしのメリットは多分ないです。)


ゲームを進めるとこんな画面になります。
この後、どれかのチャプターを選択→ADV→対戦など→この画面に戻る
を繰り返す感じになります。

先生と。
意味深ry



対戦を続けるとこんな対戦が増えてきます。

なんと、1ターン目から既に相手のカードが場に出ています!
これは課金とよばれるシステムだそうです。
へー。

へー……。


こっちは課金できないの?

(ホントに課金だとゲーム内で言ってます)


カードはここで買います。

タイトル画面からもショップへ行けるボタンがあるので、
このフィールド選択画面にまだ行けてないけどカードを買いたいという人は
タイトル画面から選択して買うといいです。



拍手[0回]


バトルフォースはゲームで楽しみながら、エロも楽しみたいという人の為のエロゲーです。

メインは、ゲームよりもエロの方です。


(バトルラインファンの方の為の紹介は記事の最後です)

バトルフォース追加ディスクについてはこちら


バトルフォースのゲームシステムは、
バトルライン』(無印)
バトルラインコンクエスト
というゲームが元になっています。リンクで飛びます。

無印は、ゲーム性がウケ、根強い人気がありました。

コンクエストは、一部の方には、無印と比べ、面白くない。
と不評のようですが、ユーザーはコンクエストに移っています。
バトルフォースのシステムは、こっちのコンクエストとほぼ全て同じです。


バトルフォースを買いたいけど、ゲームがどんなものかわからない、
という方は、バトルラインコンクエストをプレイされてみることをお勧めします。

無印もコンクエストも無料で遊べます。

有料版を買うことで、使えるカードなどが増えるというシステムです。

尚、バトルフォースも、無印やコンクエストと同じように、
オンラインモードがあり、全国のプレイヤーと対戦ができます。


という感じで、ゲームシステムについては確認してもらうとして、
以下は主にエロの部分について書きます。


エロシーンは多いです。
メインだというのも頷けます。

どうしてエロをすることになるかというと
リーゼというキャラがエストリアとかいうところを救ってくれ
と頼んできます。その為にはバトルマスターを倒さなくてはいけません。
これを主人公が受けてくれたら、魔法の儀式で主人公の願いが叶うようになります。
と、リーゼさんは言います。で、バトルに勝つごとに、魔法でエロいことが
できますよ、というようなストーリーですよはい。


ですので、エロシーンは
魔法で何故かエッチな気分になっちゃったー
はぁはぁ
みたいな展開が多い感じです。
ぶろぐ規約的にあまり詳しくかけないので察して下さい。

主人公から行くときもありますし、向こうが積極的な時もあります。
まぁ、エロシーンが多いので、どれか気に入るのはあるんじゃないかなぁと。
絵を公式で確認して、問題ないな、と思えばいいと思いますです。
恋人同士みたいな関係になってする場合もあったり。
文章的には、
あぁっああぁっ

いくぅいっちゃうう

俺もー

あぁーいってるのにーいってるのにまたいっちゃうー

という感じで、またいっちゃう的なのが多い気がします


これくらいの文章でぶろぐ消されたら立ち直れない。

心臓バクバク。


いちおう、ルートがあって、エンディングが分かれます。



主人公はボイス無し。
女性は、基本ボイスあり。
ボイス無いところもありますが、
重要なシーンや、エロシーンはちゃんとあります。
(エロシーン、一つだけ女性ボイスもなかったのがあった気がするけど)

オート機能はありますが、使えません。
速さは変えられないですし、ボイスが最後まで読まれてるかとかお構いなしで
同じペースで進みます。

バックログはありません。
代わりに、シーンバック(とシーンスキップ)があります。

尚、一度みたシーンは、チャプターから何時でも見られます。
(エロシーン回想とは別に)



総括で、値段的にどうなのよ?と言われると、
これだけエロシーンがあって、カードゲームがあれば、
値段相当だと思います。

ただし、メインはエロで
カードゲームは無料で遊べるコンクエスト(と無印)がある
ということを指摘されると少し困る感じですかね。




バトルラインファンの方へ

バトルフォースは、ほぼコンクエストです。
食料や、兵種等も名前が変わっただけで同じです。
むしろ魔兵はないし、カード枚数は圧倒的に少なくなりました。
(バトルフォースは150枚。
コンクエ無料が180で、有料が210オーバーくらいだったかな

カードは名前を変えただけでコンクエストのカードと同じです。
例外はいくつかありますが、属性が付いたり、ATCとDEFの入れ替え程度
(しかも数枚)


唯一変わったといえるかなぁと思うのがこれくらい↓

ゆにふぉんのウラ裏ブログから引用

“聖盾のクレア
☆3
コスト1
戦闘力2 ATC+1
<布陣スキル>
敵陣に味方ユニットが1体しかいない場合、
その味方ユニットはターンの終わりまでATC+3
<鼓舞・攻防1>
このユニットが中立地帯にいる場合、
味方ユニットはATC+1、DEF+1
(自身は除く)
コンクエ版「白百合の騎士」様スキルと
アリシテッドのスキルを併せ持った版。”

パッケージ版でのみ使える3枚の限定カードについては以下

深淵の女王ミラルシア

無属性
コスト3
戦闘力3ATC+4DEF+4
<加速>
戦闘をする場合のみ2マス移動できる



赤鎌の狩人ライラ

バトルマスターが使ってくるのとはステータスが変わるそうです

火属性
コスト2
戦闘力3ATC+1
<加速>
戦闘をする場合のみ2マス移動できる



創造の化身カオス


無属性
コスト2
戦闘力5
<属性書き換え>
戦闘で敵ユニットを倒した場合、
戦場にいる限り自身の属性に加えて
その敵ユニットの属性になる
<システム強化>
戦闘で敵ユニットを倒した場合、
戦場にいる限り戦闘力+1


(ゆにたさんへ 引用させてもらうですぽん)

結論から言うと、無印からコンクエストに変わった時のように、
大きな変化があるという期待は持てないです。
個人的には、ゲームだけ目当てでは、購入をお勧めできません。

拍手[0回]


まだやってる途中なのですが、少なからずばとふぉー目的で来てる方がいるようなので

バトルフォース追加ディスクについてはこちら

公式でも言ってましたが、

バトルラインファンの方が、

カードゲーム目当てで買うと

肩透かしをくらった感じになると思います。




カードは全部で150枚です(カードギャラリーにて)

(コンクエ無料が大体180で、有料が210オーバーだったかと)

オンラインモードがあり、対人戦ができます。

(ただし現在はまだ準備ができてなく、カスタム接続でのみ対戦可能な模様。8/31)


ほぼ新しい能力のカードはありません。
(全部集めてないので追々追記。)
さらに、コンクエの魔兵に当たるカードはありません。

コンクエの能力はそのままで、新絵を付けたという感じです。
一部の戦術カード以外は全て新しく描きおろしてあります。

まとめれば、


カードゲーム部分では、

新しい雰囲気で(絵で)楽しもうという人にはお勧めです。


(※カードの能力面では期待しないでください)



 以下は、エロシーンについてになります。
バトルフォースはこちらのエロシーンやADV面がメインになります。
(好みは分かれるところなので、あくまでzanの主観です)

最初にまとめると、

・エロシーンは長くて多い。
・作画は割といい。
・システム面はダメ

 ストーリー及びエロシーンはかなり多いです。

ストーリーは、65のチャプターで分けられています。
で、その中のほとんどでエロシーンが入ってると思います。
ストーリー重視でなくて、エロ重視です。うん。
通常は、バトル→エロシーン
ということになってます。バトルがパズルだったり、
バトルしてないけどエロシーンなんてこともあります。
一度見たチャプターは何時でも直ぐにそこから見られます。
シーンギャラリーは別にあります。

 作画は公式サイトで今現在公開されているのを見ると、zanもちょっとと思いましたが、
やってみるとワリと良かったと思います。
少なくともひどくて全然無理というわけではないです。
(まぁ、ここは本当に好み次第なので、新たにCGが公開されたらそれ見ながら判断して下さい)


 システム面は、オートモード・シーンバック・シーンスキップがあります。

オートモードは恐らく使えません。
オートモードの速さ設定ができないため、その速さで気に入らなければダメです。
尚且つ、ボイスが流れていても、次のメッセージまで進んでしまうことがあります。
進むのは最大次のメッセージまでですが、
ボイスが流れながら文章は違うというカオスな状態に一時なる時があります。

バックログはありません。代わりにシーンバックというのがあって、
区切りの部分まで戻ることができます。
こまめなシーン区切りにはなってません。

音量は、ボイス音量、BGM音量が調整できます。
ヒロイン別の音量設定はできません。主人公ボイスはありません。

BGMはいいと思います。


 エロシーンのパターンは、一番多いのが、
ヒロインの体が何故か熱くなってしまって、主人公に求めたり、誘導されたりします。
(詳しくは書けないです。忍者ブログの仕様の問題で)
これが好みの人はぴったりでいいと思います。

他のパターンとしては
あるヒロインが時たまちょっとS模様になったり、
先生とこんなこといけないのに的な雰囲気があったりします。
が、他のパターンはそんなに多くない気がします。

といっても、エロシーンはまだ半分も見られてないので、
これまたもうちょっと時間をもらえれば詳しく書けると思います




今のところはこんな感じです。

エロ目的、ADV目的→好みが合えば購入検討

新能力カード目的→肩透かしをくらいます

新絵カード目的→検討

信者→購入


※zanは信者ではないです。


追 リーゼさんのジト目がかわいいです。
  いちおう応援ぶろぐなので、そこを押しておくです。

拍手[0回]


HOME
PR


zanの玲瓏 たぶんときどき空を飛ぶ -閉鎖中-
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
zan
性別:
男性
自己紹介:
バトルラインやってます。
対戦するときはよろしくお願いします。

リンクは張りも外しも自由です!ふりー!

対戦してくれた皆さん
ありがとうございました!


and …you!

Q なにカッコつけt

対戦を記事や動画にしてくださる方、
zanは大歓迎です!
許可とらずとも、どんどんやって
もらっておkですy!!
よろしくです!

傾向
最初はささっと要所で長考かと
ほとんどがデッキテストなので
バランス崩壊してるデッキもあります。
が、常に力の限り全力でいきます!

Q zanってどんな人?
A こんな人

その後

扱っているゲームの画像の著作権
バトルライン
(c)2008-2010 8-senses.All Rights Reserved.
バトルライン コンクエスト
(c)2011 8-senses.All Rights Reserved.

「最後のガヴァタール」の使用素材

新しくがばたる公式っぽいツイッターつくった。こちら

このブログは祖国日本を応援しています。がんばろう日本。
無印バトルラインデッキ
まとめ
最新CM
カウンター
ブログ内検索
バナナー!