忍者ブログ
ここは、zanがバトルラインについて書いていくぶっ飛びブログの跡地、のようなとこです。         このブログは閉鎖中です。

まずはじめに、アニメOPの構成について今回は少し解説しましょー。

アニメの良さって言ったら、やっぱり「動く」ことです。
何だかんだ言って、アニメは動いてなんぼですから、
基本的には、動けば動くほど良いということになります。

かといって、OPで絶え間なく動き続ければいいかと言うと、
それはそれで良い魅せ方とは言えませんね。
ゆったりとした部分、激しく動く部分で、強弱緩急付けて表現すると素晴らしいです。

そこで、その強弱緩急をアニメOPではどういう風に表現するか、
王道の魅せ方を紹介するです。




まず、タイトル表示までは、少し気分が盛り上がる構成にします。
「おっ!」っと思わせることができればグー。
これから始まるワクワク感を抱かせることが目的です。

タイトル表示後は、一転して、ゆっくりゆったり緩やかに始まり、
キャラ紹介や世界観描写に費やします。
サビに近づくにつれて、段々と気持ちを高ぶらせるようにし、

サビに入ってからは激しい動きで畳み掛けます。
一番の見せ場ですね。

で、最後は、そのサビの激しさのまま終えること無く、
ワンクッションだけ、通常の動きを入れて終わります。

物凄い気持ちが高ぶり過ぎたままだと、本編が頭に入ってきませんからね。
気持ちを高ぶらせたまま、しかしワンクッション置いて
普段どおり見られる落ち着きを提供するのです。




タイトル ちょっと高ぶり

キャラ紹介等 ゆったり緩やか

サビ 激しい動き

ワンクッション 落ち着きを取り戻す



まとめです。これが王道ですね。
この辺りを注意しながら、OP鑑賞し、評論会も楽しんでくれたらと思ふです。



さて、最初はエドとアルのシーンからですね。
動きが良くてタイトル表示前の掴みとしては上々です。
アルの鎧の血のryも表現されているですね。
で、空へ上がってタイトル表示。

この後から、一旦落ち着いて緩やかな部分ですぽん。

で、特に重要なのが銀時計のシーン。
この銀時計は、まぁ、エドが想いを込めている物でして、
物語の重要なアイテムですね。

ただこの銀時計の表示時間大体が3秒なんですが、
ちょっとこれは長すぎるんですよね普通なら。
別に何の含みも持たせないなら、
2.0秒~2.3秒くらいの表示で良いと思うんですが。
これだと、スラスラ見るってことは出来なくて、
どうしても銀時計を少し意識してしまう形になります。

で、なんでこういう構成にしてるかっていうと、
順番前後するけど、OPの一番最後で、
エドが銀時計の文字を見てから、銀時計を閉じて、
先へ進んでいく、というシーンがあってですね、
これが、OPの締めとなっていてとんでもなく評価高い部分なんだけど。
これを最後に持ってくるためには、
銀時計がいきなり登場してしまうとマズイ訳ですね。
まぁ、それでも神OPにはなったとは思うんですが、
視聴者に意識させることが重要です。
「あ、これはエドの銀時計だな」
「想いを込めているんだな」
というのをOPの最初に意識させておくことで、
OPの最後のシーンが、とんでもなく際立つということになるです。

いやー。とても凄い構成だようん。

さて、戻りましてOPの続き。
メイのシーンはテンポを意識した部分。
これをきちんと入れられるところもグット

その後もキャラ紹介が続くけど、
マスタングのシーンなど、魅せ方も上手いし、曲とのマッチも完璧。



サビ以降は、王道的な、戦闘シーンの畳み掛け。
動きが非常に良くて高得点。
ブラッドレイのシーンは特に感嘆。

そして、サビの締めには、スカーとエドの全力のぶつかり。
これで戦闘シーンで盛り上げた気分を、気持ちよく昇華し、
最後の銀時計のシーンで決める。


いやーーーーーーーーーーー

素晴らしい!!!!!!!!


zanのOP評価

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST OP2」
ランク SSS+
一言 銀時計を軸にした構成が素晴らしい。
   サビの動きも良く、文句無しの最高評価
   歌詞と作画を合わせている部分も楽しめる

拍手[0回]


Fate Stay Night [Unlimited Blade Works] OP2


初めに言うと、このアニメ、作画がマジで神。
OPの作画も、本編の作画もトップクラス。というか、ダントツトップ。
zanは、このアニメを見た時は凄く興奮した訳だ。


だが、それはそれ、これはこれ。


Fate Stay Night [Unlimited Blade Works] OP2 の評価を一言で纏めると、
普通のOP。悪いとまでは言わないが、特筆する程良くもない。



Q 辛口だなぁ…。作画神なんやろ?

A いくら作画が神でも構成が微妙なら普通のOPなのだぽん。
  アニメOP評論家(自称)としては絶対に譲れないぽん!!!

Q (めんどくせぇ…)


良い点
曲とのマッチを考え、サビの時に、戦闘シーンで畳み掛ける構成にし、
 その分、前半をゆったりとした、キャラ紹介へと使用した点。

・タイトル表示までに、無限の剣製とアーチャーを描き、ある種世界観の描写を果たしたこと。

OPの最後に、アーチャーと士郎の対峙のシーンを持ってきたこと。

高品質の戦闘シーン



悪い点
・最後付近で、何故か再度キャラ描写(紹介)を行ったこと。
 これらのシーンが、特別な意味も無く、ただ、もう一度キャラを映しておこうかとでもいう様な、
 いい加減な構成の元に、再度描写されている。
 既に、OPの前半で、あれだけ時間を掛けてキャラ紹介を行ったのだから、
 意味もなく、再度全キャラを描写する意味はない。
(シーンの描写なら別)


 
Q えぇ……。別に意味なくてもいいやん……。

A ダ・メ・で・す!
  アニメOPというのは1分30秒しか無いんですよ!!!!!
  その短い時間の中でどれだけこのアニメの魅力を伝えられるか、
  それに全てがかかっているのです!!!
  意味もない適当な描写なんか絶対ダメです!
  ここはもっと良い魅せ方が出来るはずです!

Q (もうお前、アニメOP作る仕事しろよ……)




悪い点(続き)
戦闘シーンが消化不良。
 せっかくサビで戦闘シーン畳み掛けで盛り上げたのに、
 セイバーが宝具を放とうとしてる辺りで終わり、
 意味のないキャラ紹介に行った為、スッキリしない。
 再度キャラ紹介する代わりに、きちんとセイバーが宝具ぶっばなしでもすれば、
 盛り上がった気持ちが気持ちよく消化できる。
 それをしなかったので、結局中途半端で終わったOPという気が拭えない。



zanのOP評価

「Fate Stay Night [Unlimited Blade Works] OP2」
ランク B
一言 作画がいいのに勿体無い。
   構成が微妙だとやはり中途半端なOPに。

拍手[0回]


このブログ、容量オーバーでもう画像一枚も貼れないけど
どうするのよ状態ですこんにちは。


Q あ、うん。

という訳で、いきなり始まりましたアニメOP評論会!
素晴らしいOPを讃え、ちょっとアレすぎるOPにツッコミを入れる
そんな記事にするのです!!

まぁ最初なんで、アニメOPがどれだけ重要なものなのかを最初に語ろうと思うです。
ぶっちゃけるとあれです、
本編始まる前にOP見るわけですよ。
するとですよ、

これから始まるんだな、わくわくするな、早く見たいな、
っていう、何かしらの感情の高ぶりをさせないといけない。

それがアニメOPの最大の役割なのです!!!!

もうアニメOPを見て、特に面白さを感じなければ、そのアニメは面白くないです。
超ぶっちゃけてますがそういうことです。
アニメを最終回まで見るかどうかを判断するのは、最番手堅い方法。
慣れてくると、伝家の宝刀、1話切り(zan語)が出来るようになります。
1話だけで面白さを判定するのです。

しかし、更にぶっちゃければ、OPだけ見ればその判定がで初の3話を見て判断する、
というのが、アニメ切り3話法です。(zan語)一きるのです。
これが、最短のアニメ判定法、OP切り(zan語)なのですよ。
OPだけ見て、面白くないと思えば即座に切る(見ない)
という…


Q 話がズレてきてるんですが……

A ( ・・)…は!


まぁ、めっちゃOPは重要ということですね!

で、ここからは実際にアニメOPを評価する訳ですが、
曲の良し悪しを比べるとかじゃないですからね、注意。
全体的に評価するです。

主なポイントはココ。
・曲自体がアニメの世界観に合っているか
・曲と映像が合い、テンポが良いか
・世界観が理解できるか
・動きは十分か
・OPらしい盛り上がりであり、見たいと思わせられるか
・ある特定の場面での魅せ方が上手いか
・アニメ本編を思い返して感情が動かされるOPになっているか


さて、最初はお手本の様な素晴らしいOPを紹介するです。
「犬夜叉OP1」


順番に解説するですようん。

先ず、最初の部分なんですが
最も理想とされる始まり方、
非常に素晴らしいですね。
アニメOPでやらなければならないのは大まかには
1,世界観の描写
2,登場キャラの描写
3,盛り上がり
の3つですねぽん。センスが余程よければ、順番がぐちゃぐちゃでもいいかもしれませんが、
基本、1→2→3 の順じゃないとゴミOPになります。


Q ぶっちゃけ過ぎです。


理想は最初のタイトルが表示されるまでに、世界観の描写を終えてしまうのがいいです。
世界観ですから、どんなジャンルのアニメであっても
広大な景色というのが一番のポイントです。
最初に広大な世界(舞台)を描かないと急に世界が狭くなって、
キャラ描写やら戦闘シーンを頑張ってもゴミOP普通のOPになります。
広大さは超重要です。

Q …

さて、犬夜叉OP1は、最初から広大な景色で入って、
ざっと登場キャラを映した後、物語の始まりを描写し、
かごめが井戸の中に入ると

新しい世界が広がっていた―
というまた広大な景色を描写してタイトルを表示してます。
もう既に世界観の描写を完全に済ませてしまいました……


素晴らしい!!!!!!!!!!



Q あ、はい。

今から始まる感、わくわく感も盛り込んで、文句のつけようがないですおぱ!!

その後は、その盛り上がりを引き継いだまま、戦闘シーンに入ってますね。
曲とのテンポも良く、動きも良く、高得点です!!


次です。ここは犬夜叉、かごめ、桔梗の三人の関係を描いていますね。
物語の重要な部分です。
特に、桔梗が犬夜叉に矢を放ち、矢が刺さった犬夜叉と、バックの赤、
この瞬間が魅せ方がとても上手すぎる最高のポイントです。

この辺りのシーンは、本編を見ていく内に、感情移入していき、
OPを見る度に感情が高まるポイントの場面となっていくのですね。

いやー上手い。本当に。

その後は、そういった関係性、出来事を抱えた犬夜叉を描いているです。
でも一人じゃなくて、最後には皆が迎えに来てくれて、
かごめに手を差し伸べられ、共に行く……

いやーーーー本当に綺麗にまとまってるじゃないですか!!!!

もうOPだけで!!作品が!!!出来ているのですよぽん!!!




zanのOP評価

「犬夜叉OP1」
ランク SSS+
一言 本当に素晴らしい。作った人達は天才。
   全体的に評価が高いが、最も素晴らしいと思うポイントは、
   始まってからタイトル表示までの世界観描写。
   これ程、素晴らしい始まり方は見たこと無い。

拍手[0回]


HOME
PR


zanの玲瓏 たぶんときどき空を飛ぶ -閉鎖中-
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
zan
性別:
男性
自己紹介:
バトルラインやってます。
対戦するときはよろしくお願いします。

リンクは張りも外しも自由です!ふりー!

対戦してくれた皆さん
ありがとうございました!


and …you!

Q なにカッコつけt

対戦を記事や動画にしてくださる方、
zanは大歓迎です!
許可とらずとも、どんどんやって
もらっておkですy!!
よろしくです!

傾向
最初はささっと要所で長考かと
ほとんどがデッキテストなので
バランス崩壊してるデッキもあります。
が、常に力の限り全力でいきます!

Q zanってどんな人?
A こんな人

その後

扱っているゲームの画像の著作権
バトルライン
(c)2008-2010 8-senses.All Rights Reserved.
バトルライン コンクエスト
(c)2011 8-senses.All Rights Reserved.

「最後のガヴァタール」の使用素材

新しくがばたる公式っぽいツイッターつくった。こちら

このブログは祖国日本を応援しています。がんばろう日本。
無印バトルラインデッキ
まとめ
最新CM
カウンター
ブログ内検索
バナナー!