忍者ブログ
ここは、zanがバトルラインについて書いていくぶっ飛びブログの跡地、のようなとこです。         このブログは閉鎖中です。

情報に惑わされるなのコーナーやって参りました。ええ。

さてはて世は情報戦争の時代です。
人は騙され易いです。
そこで、如何にして人を騙して利を取るか、というのが世界の流れとなっています。
情報に流されれば、自らは不利益を被り、またそれに気づくことすらできなくなります。
これからの時代は、常に自分で考え、情報に踊らされないことが大切になります。


実は日本経済を潰そうとしている人が山の様にいます。
日本経済が衰退していると、誰が得するのか?ということですが、
まず、諸外国は得しますね。特に先進各国は。
日本程経済力がある国が、デフレのままで弱っていてもらえれば、
それだけ他国が入る余地があるわけですから、もう大万歳です。
ですから、多くのスパイが日本に入り込み、日本を潰す為に活動しています。
言うまでもなく、マスコミはもうどうしようもありません。
日本のメディアではなく、特定アジアのメディアといっていいですね。

あと腐っているところといえば、日銀もそうですね。
ずーーーーーっと、日本を経済成長させないために必死です。
とにかく金を刷りません。何が何でも刷りません。
お陰でデフレは悪化の一方です。
白川総裁がハイパーインフレになるだの言ってる時点でもう分かると思います。

財務省も腐りきってます。
財務省というのは、税率を上げると出世します。ホントです。
もうお分かりの通り、デフレ下で税率を上げても税収は増えません。
が、財務省にとっては税収などどうでもいいのです。
税率さえ上げれば、利権が生まれ、天下りし放題です。
軽減税率を利用するって訳です。

言うまでもなく、日教組は元からの反日組織ですし、
政治にも反日の輩が大勢。
警察だろうと例外はないのです。



と、ざっと並べるだけでもこれだけいるわけです。
これらの反日勢が結託し、日本を潰そうとしているのが現状です。
で、マスコミを握られているので、国民の中には騙されたままの人もいる訳ですね。
どうにかしてここから抜け出さなければなりません。
今、時代は動き始めています。なんとか日本が甦るかもしれません。

が、とにかく元凶を潰さなければ根本的な解決にはなりません。
国民誰しもが騙されていたからこそ、反日勢が好き勝手やれたわけです。
ですから、国民が騙されない体制を整えることが大切です。
そもそもの元凶は自虐史観の教育です。


日本は侵略戦争をした悪い国だ!


日本は謝罪し続けなければいけない!


日本は借金だらけで経済成長はできない!



全てはこの様な嘘八百の戦後教育から始まっています。



日本は悪い国だと思わせておけば日本が弱体化し、諸外国は得します。

日本人を自虐史観に囚われるようにすれば、
謝罪をしろ!賠償をしろ!
というだけで天から金が降ってきます。

日本は借金だらけ、経済成長できないと思わせれば、
日本を腐ったままにできます。



これが世界の戦略な訳です。

例え事実が、


赤共の策略によって中国の内戦に巻き込まれたが、
中国をまともな内情にした日中戦争だったり、

コミンテルンや、英国などの思惑により米国に追い詰められ、
戦争を仕掛けさせられたが、
白人至上主義の植民地時代をぶち壊した大東亜戦争だったり

南京大虐殺や"従軍"慰安婦が完全なでっち上げだったり、

日本はデフレさえ抜け出せば、
他国の追随を許さないほどの経済成長が可能だったり、



というものであっても、騙してしまえば勝ちだと笑われているわけです。
日本は戦争に負けた結果、嘘と捏造だらけの歴史観を押し付けられ、
東京裁判の茶番により、日本人に自虐史観を植えつけました。

結果、日本国民は
日の丸を誇れず、
君が代を斉唱せず、
天皇は軽視され、
靖国は参拝されず、

政府は
アメリカ、中国、韓国、全てに媚を売りまくり
謝罪に賠償のオンパレード、
金はばら撒き、
国民を苦しめる為に全力を尽くす


という始末。全てがそうだとは言いません。
が、こういう人がいることはどうしようもない事実です。

もう、いいんじゃないですか。

日本は素晴らしい国です。

こんなにいい国、他にありません。

自分の国くらい胸を張って誇りましょう。



騙されない為に、
情報に流されず、何でも鵜呑みにせず、自分で考えることを大切に。



日本万歳!

拍手[0回]

Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PR


zanの玲瓏 たぶんときどき空を飛ぶ -閉鎖中-
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
zan
性別:
男性
自己紹介:
バトルラインやってます。
対戦するときはよろしくお願いします。

リンクは張りも外しも自由です!ふりー!

対戦してくれた皆さん
ありがとうございました!


and …you!

Q なにカッコつけt

対戦を記事や動画にしてくださる方、
zanは大歓迎です!
許可とらずとも、どんどんやって
もらっておkですy!!
よろしくです!

傾向
最初はささっと要所で長考かと
ほとんどがデッキテストなので
バランス崩壊してるデッキもあります。
が、常に力の限り全力でいきます!

Q zanってどんな人?
A こんな人

その後

扱っているゲームの画像の著作権
バトルライン
(c)2008-2010 8-senses.All Rights Reserved.
バトルライン コンクエスト
(c)2011 8-senses.All Rights Reserved.

「最後のガヴァタール」の使用素材

新しくがばたる公式っぽいツイッターつくった。こちら

このブログは祖国日本を応援しています。がんばろう日本。
無印バトルラインデッキ
まとめ
最新CM
カウンター
ブログ内検索
バナナー!