忍者ブログ
ここは、zanがバトルラインについて書いていくぶっ飛びブログの跡地、のようなとこです。         このブログは閉鎖中です。

はい、第2回デッキの作り方です!
まあといっても、第1回の記事で基本は書いたので、
今後は次々に代表的なデッキを作っていこうと思うです!

剣デッキ、斧デッキ、槍デッキと。
後で、バトルラインデッキまとめ記事にも追記しておくので、
今後は初心者にもやさしいページが出来上がるんじゃないかな

zanの記事は基本初心者に優しくない

さて、それでは早速デッキを作っていこうと思うです!!

今回は『初心者にも扱いやすい槍デッキ』を作ります!


カード目安
・食料 13枚
・兵士 20枚前後
・戦術 8~10枚

じゃ、まずは食料抜きで入れたいカードを入れてみましょー。

槍デッキの特徴
とにかく堅い為に、足止めがし易いです
その半面、攻撃力は低い為、兵が大量に向かい合う、膠着状態にもなりがちですが、
此処ぞという時に槍スクラム2、槍スクラム4を使うことで戦況を逆転して押し切る、
或いは前線を押し上げることで、延長後の位置勝ちを目指す、
という戦い方が基本です。

せっかくの槍デッキですから、ファーエを入れましょう。
特定兵種強化英雄は、それぞれの単色デッキを作るときにはとても強く頼もしい兵です。
槍クリスタルとカーヴァイは、クリカーと呼ばれる有名コンボ。
両方デッキに入れて、カーヴァイで、クリスタルをコピーする。
カーヴァイが2コス戦闘力7として使え、猛威を奮います。

槍デッキじゃなくてもよく使われる英雄コンボですが、
今回の槍デッキなら尚の事使えるかなと思って投入。
とても強いので初心者にはオススメです。

こんな感じですかね!
カイムラーはドロシーに変えました。
ドロシーは、槍デッキに入れて使うのが一番強いです。
先述した、膠着状態を打開できる強力カードです。

さて、デッキテストをする前に、前回の記事では省略した
戦闘力判定をしてみましょう。

戦闘力判定とは弓デッキに対抗できるデッキかどうかの
事前テストです!!!ちなみに、zanしかやってないかもしれないので注意。

Q え…。

剣デッキは戦闘力が高いので安心でしたが
槍デッキは戦闘力1や2が多いために、射撃兵の対策をする必要があるです。
射撃兵が2体、3体出てきただけで、全部射撃で落ちてしまうようでは戦えません。

・戦闘力判定
想定される射撃の目安としては基本、射撃は3までと考えます。
戦闘力4以上の兵は、射撃で落ちないという考え方です。
この射撃で落ちない兵が、3体以上あれば大丈夫。
2体+αでサポートがきっちりしているならそれでも可。
それ以下のデッキは作り直しです。

※ただし!zanが以前に書いた記事だと戦闘力4だけだと信頼まではできないらしい!
↑自分で過去記事漁って読んで、へーと思った。
ある程度の対策をデッキに施す必要性を重視される方は以下のリンクを参考にして下さい。

参考→壊れているきがしなくもな

これによると、

・大型
・射兵
・民兵
・槍兵
という4つのタイプのデッキに対抗できるか判定する必要があるらしい。
なるほど。なかなかいい記事っぽい。凄い読みづらいけど
正直、そっちの記事参考にした方がいいかも。

あと、こっちも

参考→ふっふわわー ちなみに重要なお知らせが最後に

射撃対策について詳しく記述してある。
……凄い読みづらいけど



とりあえず今回は、槍クリスタル、装甲槍兵2枚で計3枚の
射撃対策カードがあるので、安心です。
装甲槍兵は戦闘力4DEF3で堅いから片方信頼カウントで片方サポートαカウント。
一応、戦闘力4帯はクロスボウ+チーフハイロウみたいの警戒する必要があるけど
こっちもファーエがあるから、その底上げが効いてる。


対策カードが1枚も引けないということはないでしょうから、
射撃兵が出てきたら、射撃に強い兵を盾に、進軍しましょう!
戦闘力判定クリア!

(後、打点判定も省略してましたが、こっちは次回以降に解説)




さて、作ったデッキで対戦をして、早速調整をしましょう!

現状は人がいないのでまたCPUと対戦するzan…
(対戦用でデッキ作ってる人は、対戦で調整するのオススメ
CPUで調整しようとしてもデッキバランスが正確に把握できない。
まぁ、現状はCPU戦でも仕方ないけど……)

こうなったよ!

3戦くらいした結果、偽報を抜いて、ブラックガードを入れましたです!
やってみた結果、僅かに食料が多い気がしたので、兵を追加。

偽報は正直あってもいい。
槍デッキだと偽報を使って兵を倒せるという可能性もわりとあるので。
偽報は槍デッキで使うのが多分一番効果的。
しかし今回はヴァージンパイクも入れてないしなぁと思って。
(ヴァージンパイクは、ドロシーや偽報との組み合わせが強い)
今回はブラックガード入れようかなっと。
ちなみにブラックガードの強さは、やっぱり中立布陣だから
発見された遺跡とのコンボもいいし、
ステータスもかなり優秀なカード。前線を抑えるのに非常に有能。
(アサシンと違って…。)


出来上がったデッキの感触は、
結構パワーがある槍デッキだなっていう。
クリカーに装甲槍兵2に槍壁の旗騎士2。
高戦闘力がでてきても挑発ワンドラドロシーとあるから十分対応可能。

(ブラックガードはヴァージンパイクの方が良いんじゃないかって意見もあると思うけど
槍壁の旗騎士の能力を生かすために少し軽い兵を入れたかったのだ。コスト1.6ぐらいの兵。
中立布陣で早いし発見された遺跡も相まって、ブラックガードは回りが良いから。
装甲槍兵は射撃対策で動かせないし、1コスは…入れる手もあるけど。
ドロシーがいるしブラックガードかヴァージンパイクは入れたかったんだ。
かと言ってどっちも入れると重くて槍壁の旗騎士の能力を今度は消しちゃうし。)

うん、なかなか使いやすくていいデッキだと思ふです!!

拍手[0回]

Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PR


zanの玲瓏 たぶんときどき空を飛ぶ -閉鎖中-
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
zan
性別:
男性
自己紹介:
バトルラインやってます。
対戦するときはよろしくお願いします。

リンクは張りも外しも自由です!ふりー!

対戦してくれた皆さん
ありがとうございました!


and …you!

Q なにカッコつけt

対戦を記事や動画にしてくださる方、
zanは大歓迎です!
許可とらずとも、どんどんやって
もらっておkですy!!
よろしくです!

傾向
最初はささっと要所で長考かと
ほとんどがデッキテストなので
バランス崩壊してるデッキもあります。
が、常に力の限り全力でいきます!

Q zanってどんな人?
A こんな人

その後

扱っているゲームの画像の著作権
バトルライン
(c)2008-2010 8-senses.All Rights Reserved.
バトルライン コンクエスト
(c)2011 8-senses.All Rights Reserved.

「最後のガヴァタール」の使用素材

新しくがばたる公式っぽいツイッターつくった。こちら

このブログは祖国日本を応援しています。がんばろう日本。
無印バトルラインデッキ
まとめ
最新CM
カウンター
ブログ内検索
バナナー!