忍者ブログ
ここは、zanがバトルラインについて書いていくぶっ飛びブログの跡地、のようなとこです。         このブログは閉鎖中です。

まずはじめに、アニメOPの構成について今回は少し解説しましょー。

アニメの良さって言ったら、やっぱり「動く」ことです。
何だかんだ言って、アニメは動いてなんぼですから、
基本的には、動けば動くほど良いということになります。

かといって、OPで絶え間なく動き続ければいいかと言うと、
それはそれで良い魅せ方とは言えませんね。
ゆったりとした部分、激しく動く部分で、強弱緩急付けて表現すると素晴らしいです。

そこで、その強弱緩急をアニメOPではどういう風に表現するか、
王道の魅せ方を紹介するです。




まず、タイトル表示までは、少し気分が盛り上がる構成にします。
「おっ!」っと思わせることができればグー。
これから始まるワクワク感を抱かせることが目的です。

タイトル表示後は、一転して、ゆっくりゆったり緩やかに始まり、
キャラ紹介や世界観描写に費やします。
サビに近づくにつれて、段々と気持ちを高ぶらせるようにし、

サビに入ってからは激しい動きで畳み掛けます。
一番の見せ場ですね。

で、最後は、そのサビの激しさのまま終えること無く、
ワンクッションだけ、通常の動きを入れて終わります。

物凄い気持ちが高ぶり過ぎたままだと、本編が頭に入ってきませんからね。
気持ちを高ぶらせたまま、しかしワンクッション置いて
普段どおり見られる落ち着きを提供するのです。




タイトル ちょっと高ぶり

キャラ紹介等 ゆったり緩やか

サビ 激しい動き

ワンクッション 落ち着きを取り戻す



まとめです。これが王道ですね。
この辺りを注意しながら、OP鑑賞し、評論会も楽しんでくれたらと思ふです。



さて、最初はエドとアルのシーンからですね。
動きが良くてタイトル表示前の掴みとしては上々です。
アルの鎧の血のryも表現されているですね。
で、空へ上がってタイトル表示。

この後から、一旦落ち着いて緩やかな部分ですぽん。

で、特に重要なのが銀時計のシーン。
この銀時計は、まぁ、エドが想いを込めている物でして、
物語の重要なアイテムですね。

ただこの銀時計の表示時間大体が3秒なんですが、
ちょっとこれは長すぎるんですよね普通なら。
別に何の含みも持たせないなら、
2.0秒~2.3秒くらいの表示で良いと思うんですが。
これだと、スラスラ見るってことは出来なくて、
どうしても銀時計を少し意識してしまう形になります。

で、なんでこういう構成にしてるかっていうと、
順番前後するけど、OPの一番最後で、
エドが銀時計の文字を見てから、銀時計を閉じて、
先へ進んでいく、というシーンがあってですね、
これが、OPの締めとなっていてとんでもなく評価高い部分なんだけど。
これを最後に持ってくるためには、
銀時計がいきなり登場してしまうとマズイ訳ですね。
まぁ、それでも神OPにはなったとは思うんですが、
視聴者に意識させることが重要です。
「あ、これはエドの銀時計だな」
「想いを込めているんだな」
というのをOPの最初に意識させておくことで、
OPの最後のシーンが、とんでもなく際立つということになるです。

いやー。とても凄い構成だようん。

さて、戻りましてOPの続き。
メイのシーンはテンポを意識した部分。
これをきちんと入れられるところもグット

その後もキャラ紹介が続くけど、
マスタングのシーンなど、魅せ方も上手いし、曲とのマッチも完璧。



サビ以降は、王道的な、戦闘シーンの畳み掛け。
動きが非常に良くて高得点。
ブラッドレイのシーンは特に感嘆。

そして、サビの締めには、スカーとエドの全力のぶつかり。
これで戦闘シーンで盛り上げた気分を、気持ちよく昇華し、
最後の銀時計のシーンで決める。


いやーーーーーーーーーーー

素晴らしい!!!!!!!!


zanのOP評価

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST OP2」
ランク SSS+
一言 銀時計を軸にした構成が素晴らしい。
   サビの動きも良く、文句無しの最高評価
   歌詞と作画を合わせている部分も楽しめる

拍手[0回]

Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PR


zanの玲瓏 たぶんときどき空を飛ぶ -閉鎖中-
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
zan
性別:
男性
自己紹介:
バトルラインやってます。
対戦するときはよろしくお願いします。

リンクは張りも外しも自由です!ふりー!

対戦してくれた皆さん
ありがとうございました!


and …you!

Q なにカッコつけt

対戦を記事や動画にしてくださる方、
zanは大歓迎です!
許可とらずとも、どんどんやって
もらっておkですy!!
よろしくです!

傾向
最初はささっと要所で長考かと
ほとんどがデッキテストなので
バランス崩壊してるデッキもあります。
が、常に力の限り全力でいきます!

Q zanってどんな人?
A こんな人

その後

扱っているゲームの画像の著作権
バトルライン
(c)2008-2010 8-senses.All Rights Reserved.
バトルライン コンクエスト
(c)2011 8-senses.All Rights Reserved.

「最後のガヴァタール」の使用素材

新しくがばたる公式っぽいツイッターつくった。こちら

このブログは祖国日本を応援しています。がんばろう日本。
無印バトルラインデッキ
まとめ
最新CM
カウンター
ブログ内検索
バナナー!