忍者ブログ
ここは、zanがバトルラインについて書いていくぶっ飛びブログの跡地、のようなとこです。         このブログは閉鎖中です。

(とある場所のサークル専用記事として執筆した物の転載①)
(次回は4五歩早仕掛けについて記述する)

Q 最初に初心者でも分かるようにまとめて下さい
A ①美濃囲いに組む
  ②攻められた筋に飛車を回り受ける
  ③居飛車に攻められた時、どっかで4五歩を突いて勝負!
  これが四間飛車の基本です。レッツ四間飛車!


私の棋力と経験の範囲での見解を書きます。
(※正しくない可能性があります。
後で見解が変わることもあります。
人によって見解も違うので参考程度に)

主な四間飛車の手順(大体こんな感じ)
後手番が四間飛車とする

飛車を振るまでの手順
▲7六歩△3四歩▲2六歩△4四歩▲2五歩△3三角▲4八銀△3二銀
▲6八玉△4二飛▲7八玉
①か②へ

①藤井システム含み美濃囲い例(三段以上推奨 ※難)
△9四歩▲9六歩△7二銀▲5八金右△5二金左
▲5六歩△4三銀▲6八銀△6二玉▲5七銀左△7一玉▲3六歩△8二玉

②穴熊含み美濃囲い例(級位者の方はこちらから)
△6二玉▲5八金右△7二玉▲5六歩△8二玉▲9六歩△9四歩
▲6八銀△7二銀▲5七銀左△5二金左▲3六歩

---------
ポイント
---------
四間飛車の駒組みの選択

選択①3二銀か、4三銀か
選択②4一金か、5二金か
選択③5三歩か、5四歩か
選択④6三歩か、6四歩か
選択⑤1一香か、1二香か
選択⑥1筋の端歩を受けるか



選択①3二銀か、4三銀かについて
・基礎知識
3二銀型は、4五歩と突きやすいのが利点。
角交換に強い形の為、攻められた時に、4五歩の反発を狙うのが基本。
3二銀型→鷺宮定跡・山田定跡
対して4三銀型は、角頭を銀で守っており、バランスに優れる。
飛車を3筋に回り、軽く捌く筋が基本。
4三銀型→4五歩早仕掛け・4六銀戦法

基本的には3二銀で待っておき、機を見て4三銀とする。
3二銀型で待っていないと、居飛車が5七銀右急戦等で来られた時
玉の囲いが間に合わない。
相手が超急戦で来ない場合は、4三銀と上がっても問題ないと考える。
藤井システムの場合は、3二銀型でギリギリまで待つ。
居飛車は超急戦を見せながら、穴熊を目指すが、
超急戦なら3二銀型で玉移動が間に合い良し。
穴熊であっても、右銀を使う順もある為、3二銀待ちで悪くはない。




選択②4一金か、5二金かについて
居飛車が、右四間飛車をやってくる様であれば、4一金型が最強だ。
(1二香型において、右四間飛車の基本筋、▲2五桂△2四角▲4五歩△同歩▲1一角成△3一金の手順で、
居飛車歩切れ失敗。)
よって、居飛車が2五歩をつかない場合、4六歩を突いて右四間飛車の気配がする場合などは、4一金型で保留する。
そうでない場合は、5二金と上がる。優先順位は5二金→4三銀の順。

棒銀や、4五歩早仕掛けに対して、4一金型で待っておいて、3二金型にして受ける有力手があるが、
四段以上の棋力が無ければ、その順を指しこなすのは難しいと思われる。
藤井先生の最強の4一金型参照。今後の研究課題とする。
自信がある方は優先順位4三銀→5二金




選択③5三歩か、5四歩か
5三歩型は、5四銀と出る変化を残している。
藤井システムでは5三歩型必須。
5四銀、6五銀と進出する玉頭銀も、5三歩型必須。

5四歩型は、居飛車が5五角や5五銀と出る変化手順を潰している他、
4二角から6四角と角を転換する筋を用意している。

基本的には5四歩と突くメリットの方が大きいと考えるべきだ。
居飛車の攻めを受けて反撃するには、5四歩型で無ければ難しい。
藤井システムを使わないことが決定した時に、4三銀→5四歩の優先順位で突くことを推奨。



選択④6三歩か、6四歩か
6三歩型は、四間飛車側の6四角と転換する手、又は6四角と打ち込む手の余地を残している。
6四歩型は、その有力な反撃受け手順が無くなるが、高美濃や銀冠へ組み替える囲いの発展には欠かせない。

高美濃に組み替えていく為に基本的に6四歩は突くが、6四歩とした瞬間に、6四角の筋が無くなったことを理由にして、居飛車は攻めかかってくるのが常套手段。6四歩を突く時には、仕掛けを警戒しなければならない。
とは言うものの、結局他に指す手も難しいので6四歩を突くことになる。
級位の内は、美濃囲いが堅いのに対して、高美濃、銀冠とする程、囲いが弱く、
薄くなってしまう様に思えるかもしれないが、基本的に、美濃より高美濃、高美濃より銀冠に組んだ方が勝ちやすい。
美濃囲いの終盤では、5五角のラインや、8六香などの縦攻めを覚えると、美濃囲いが弱くなる。
尚、囲いの固さで言うなら、美濃囲いは、玉のコビンを防いだ5三歩・6四歩型が一番堅い。
(5三歩・6四歩型>5四歩・6四歩型>=5三歩・6三歩型)




選択⑤1一香か、1二香か
何故1二香と上がるのかといえば、居飛車が攻めてくる中で、居飛車の角筋が通ってきた場合、
居飛車が1一角成とした時に香を先に上がっているから取られないという意味だ。
居飛車の攻めを一手遅らせるだけでも十分であるし、次に1二馬と取れるかというと、
四間飛車の飛車の横利きが効いていて取れないということは往々にしてある。

4六銀戦法や、鷺宮定跡に対して1二香型が有力なのに対して、
4五歩早仕掛けなど1一角成の変化が無い場合は、大抵1二香が逆に悪形となる。

駒組み段階で1二香を自発的に上がることは考えないが、
居飛車の動き次第で、攻められ方が絞られた時に、必要であれば1二香と上がる。

また、一筋を突いている場合は、1二香と上がるか、1三香と上がるかどちらが勝るかであるが、なんとも言えない。
ただ、1筋逆襲の筋がある場合は、1三香と一気に上るべきだろう。




選択⑥1筋の端歩を受けるか
現在の形をどこも乱したくないという状況でもない限り、
基本的に1筋の端歩は受けないことを推奨する。

居飛車側にとっては、どこかしらの変化手順で1五角と出る手、打つ手を狙われる為、
仕方なく突いておいてから攻める、という考え方が一般的だ。

対して、四間飛車側が、1筋の端歩を突く意味は、
持久戦になった時に、居飛車側が1六歩から1五角の筋を狙った時に受ける意味、
或いは、持久戦で、居飛車側が3七桂と跳ねる様な格好の場合、
1三香、1二飛の格好で1筋突破の打開を狙う為の1四歩の意味などだ。
これらの意味の端歩は、直ぐ突く必要もなく、優先順位も低い。

それよりも、居飛車が急戦であっても持久戦であっても四間飛車側は指したい手が多い。
例えば4五歩早仕掛けの変化になった場合に、7三歩型か7四歩型の違いや、
7三桂と跳ねてあるか、8一桂のままかの差はかなり大きい。
また、端歩を受けないが為に、6四歩型になってしまって、
6四角と出る手、或いは打つ手が無くなり困るかどうかであるが、6五歩と突けば解決すると考える。
居飛車側が、1六歩、1五歩と詰めてきてくれるなら、喜んで、その分の手を、玉側の囲いの発展に使う。
相対的に大して特にならない1筋の歩は四間飛車側は突きたくないというのが印象だ。


また、居飛車側が1筋を突いてあるならまだしも、
居飛車側が突いてないにも関わらず、四間飛車側が1筋を突くのは論外だ。
(かなりの持久戦でもない限り)
1四歩、1六歩の交換はやはり、基本居飛車得の為だ。





補足・向かい飛車にする順
   相手が角道をなかなか開けない場合(引き角戦法)や
   居飛車が2五歩・5六歩・5九玉型の場合などは、(滅多にないが)
   向かい飛車にした方が戦い易い可能性あり。
   (後者に関しては向かい飛車の形で△2四歩▲同歩△同角が王手になると
   玉を逃げても無理やり角を成り込んで飛車をす抜く順がある為、居飛車側の駒組みを制限させる。
   前者は割愛)


補足・鷺宮定跡や山田定跡の順は、早めに4三銀と上がれば大抵避けることが出来る。
  まだ定跡をあまり知らない場合は、膨大な変化を覚えずに
  4三銀型だけを勉強し、早めの4三銀指しで戦法を限定することを推奨。

拍手[0回]

Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PR


zanの玲瓏 たぶんときどき空を飛ぶ -閉鎖中-
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
zan
性別:
男性
自己紹介:
バトルラインやってます。
対戦するときはよろしくお願いします。

リンクは張りも外しも自由です!ふりー!

対戦してくれた皆さん
ありがとうございました!


and …you!

Q なにカッコつけt

対戦を記事や動画にしてくださる方、
zanは大歓迎です!
許可とらずとも、どんどんやって
もらっておkですy!!
よろしくです!

傾向
最初はささっと要所で長考かと
ほとんどがデッキテストなので
バランス崩壊してるデッキもあります。
が、常に力の限り全力でいきます!

Q zanってどんな人?
A こんな人

その後

扱っているゲームの画像の著作権
バトルライン
(c)2008-2010 8-senses.All Rights Reserved.
バトルライン コンクエスト
(c)2011 8-senses.All Rights Reserved.

「最後のガヴァタール」の使用素材

新しくがばたる公式っぽいツイッターつくった。こちら

このブログは祖国日本を応援しています。がんばろう日本。
無印バトルラインデッキ
まとめ
最新CM
カウンター
ブログ内検索
バナナー!