忍者ブログ
ここは、zanがバトルラインについて書いていくぶっ飛びブログの跡地、のようなとこです。         このブログは閉鎖中です。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



前回出した画像の時から、3局指して3敗した。
五段の方と指したんだ。決まった戦型は、四間飛車党。
まぁ当然ですねぽん!四間飛車しか指さないし!

zanの場合、
普通はノーマル四間飛車。
相手が穴熊なら藤井システム。
相手が先に振り飛車模様なら、居飛車で対抗。
相手4手目△3五歩の場合は居飛車が多い。4七銀型が好み。穴熊含み。
相手が中飛車なら居飛車。
相手3手目一手損角換わりなら、角交換棒銀。

多分こんな感じになってる。
相振り飛車は苦手。対抗型なら居飛車でも振り飛車でも自信ある。
穴熊はやるのもやられるのも苦手。
そんなとこ。


しかし、三局の結果もそうだけど、内容もダメでした。
というか、何で最近将棋指さなかったのって言うと、
コンピュータと練習対局してる結果が最近あまりにひどかったので、
ちょっと対局控えてたのですが、手が全然見えてなくて対局も伸び伸びに……

一局目は中盤はまあまあ

しかしその後早々にひどいことに。



二局目は中盤というか序盤から酷すぎて

こんなことに。



極めつけは第三局!!

ここで、▲8一歩成△7七歩成▲9一と△6八と▲2五桂
という感じで進める予定でした。
飛車取られて悪そうだけど、△6八とと取った局面は少し余裕があるかなと。
△5九とには▲4八金と上がれるし、▲2五桂から攻め合えば、端歩の広さの分だけ、残してる可能性もあるなと。いや、それでも悪いとは思ってたですけど。
しかし、▲8一歩成△7七歩成と指されてみると、飛車一回逃げといた方がいいかなぁ
とか邪なことを考えだし、

飛車を逃げて△6七と。
これを見て、何だこれは?と首を傾げるzan。
有難いんじゃないかなぁと。
考えても全く意味が分からないので▲同銀と指す。
すると△4六飛と金を取られる。

( ・ ・)!!

全く見えてなかったですよ!!
いや、見えててもどう指すのっていう問題はあるけど
見えもしないって本当にひどいな……
手が全く見えないzanであった。
うん。ぶっちゃけ、三局ともこんな感じだったよ………

う、もうだめかもぽん!!!

拍手[0回]


この間の将棋記事で、△5一角▲5五角△7三角▲6五桂のところで
△6四角と指したんだけど、変えて△3八飛とした方がいいんじゃないかと指摘を受けまして、
いろいろ検討した結果、そっちの方が戦えそうなことが分かったです!
そうだったか!

最初は負けかと思ったんですよ。無理かなって。

まあ多分こうなって

5二玉か5一玉か難しいけど
多分5二玉は負けで5一玉に6三金。
ぱっと見、先手玉に詰めろが掛からないんで、
これで負けかと思ったけど、△6七桂って手があった。
意外と厳しくてどっちが勝ってるのかよく分からない。

やっぱり、飛車を先に打っておくのが、プレッシャーになるんですね。
対して効いてないと思ったんだけど、そうでもなかった。

なるほど!ご指摘ありがとなのです!!


さて、zanは近頃、81dojoの方にも登録してみたのですよ!

81dojoは戦型が見られるっていうので少し対局してみたのですよ!
でも、データ不足でまだ戦型決定しませんって言われるー。

81dojoは24に比べれば人が少ないのは難点だけど、
システム周りは結構良さそう。観戦や棋譜見たりもやりやすい感じ。

あぁ、それから、zanは将棋倶楽部24では初段なので、
81dojoのレート表に従って、三段で登録したんですが、なんか直ぐ四段に上がりました。
っていっても、今ギリギリのラインだけど。(四段は1800から)
レート表をもう一度確認すると、
81dojoで四段って、将棋倶楽部24では三段に該当するって書いてあるよ!!
おかしいぽん!zanそんなに強くないのに!

ふしぎだ……。



まぁともかく81dojoでも頑張るです!!




(あぁ、それからカードコマンダーなんかもそうだけど、毎度名前を隠してるのは、
あっちこっちの活動が全部集約されるのは避けたいからですぽん。
ある程度は分けて楽しみたい。ブログで話題にはするけど。
だからzanだって分かっても内緒にしてね。)


忘れてた。
良いお年をお迎えください!

拍手[0回]



後手がzan。上下反転。
千日手になりそうな所から打開し、こうなった。

△8七桂成▲同玉

△7五桂▲8八玉△6九龍

正直、これで勝てると思ってた。▲同銀は勿論△8七金▲7九玉△8八角で詰み
でも指した瞬間、▲7九金で頑張る手があるかと思ったら

▲7九金

と指された!

そして以下……何度も中盤に逆戻りする長い将棋に持ち込まれ負けてしまったのである

な、なんでだぽん!!



とり、7九金の局面では2通りのパターンを読んでた。
一つは、△8七金▲同銀△同桂成▲同玉△7八銀▲同金△8九龍と突っ込む順。
でもこれは▲8八金打で

以下△9九龍でも▲9八金打として△2九龍とさせてから▲8六歩と傷を消されるとダメだと思った。
7九金打たれるとこれ、攻め切れないの?って泣きそうになるzan
( ; ;)…

もう一つのパターンは△6八龍▲同金△2四角

という龍金両取りの順。本譜はこっちで行きました。
これでいけるじゃん!って思うかぽん?
でもzanの読みとしては、
▲6一龍とされると詰めろで、△同銀は王手角取りかかるから
△同金▲同香成と進むけど


ここで先手玉が詰むかどうかって将棋になると思ってた。
筋は△8七金▲同銀△7九銀▲同玉に、△5九飛か△6八角成かみたいな。

まぁ結論から言うと詰まない。それはまぁ大体分かってたけど、
最後に△6九銀と手を戻してどうかなって思ってました。
でもさすがに相手の駒数が多すぎるので△6一銀は▲7一銀から即詰み余裕でした…。

まぁだから、

角打ちの局面では▲6一龍もあったかなと思いますが、
本譜は▲6九香と手堅く受けられ、

△5一角に▲5五角

これで以下、△7三角▲6五桂△6四角▲同角△7三銀打▲同桂成△同銀▲1二飛△6二歩▲7五角△同歩▲8七歩△8四香
とずっと続きました。もうこの後も半端なく長い。途中▲7五角と取ったのは△8四香からの詰み防ぎで、
こちらは桂香持ってるから仕方ない所。しかし負けてしまったのです。

うーん

ここから何か上手い攻めが在るはずだと思うのですがよくわかりませんでしたぽん!
局後に考えた順としては、△8七桂成▲同玉に先に△6九龍と桂打ちを決めないでおき、
▲7九金△6八龍▲同金に△7九角。



これもこの後の手順を色々検討したのですが、後手が良くなる順は上手く見つからなかったです。ちょっと駒損してるし、もう後手形勢悪しっていうことなのだろうか…。
うーんくやしい。
何か良い順があったら教えて欲しいのです!

拍手[0回]


その1
先手がzan


どうするか




注意点としては、後手玉が詰めろになっているってこと。
これは確認してほしい。
そこで後手は、先手玉に詰みがないので、結局は最後に△5三角とする事になる。
▲同龍なら詰めろが消える。▲6一飛は詰めろになってないから無意味。
結局▲同龍しかない。
つまり後手は、先手玉を二手すきにしてから△5三角とすれば勝ち。
二手すきができなければ先手の勝ち。



▲3九玉


( ・ ・)…

( ・ ・)…

( ・ ・)…ファ!?

△5三角▲同龍△3七金

先手玉詰めろ。後手玉詰みなし。△4七歩成があるので受けは効かない。

負けです。

ほげえええええええええええええええええええええ


まぁ実戦は△5三角入れずに
単に△3七金だったんで後手玉が詰んでしまったんですが
(自玉を見ていなかったとのこと)
ぶっちゃけzan負けてますねこれ


……酷い判断ミスだーーーーーーーーーーーーーー




つまりどうすればよかったかというと……?


そうだよ!!!

▲5九玉だよ!!正しい逃げ方は!!

当然だよああああああああああああああ
っていうかひと目で分かるじゃんかああああああああああああああ



その2
後手がzan、上下反転。


定跡で出てきそうな感じの中盤から




こうなって、




飛車を見切って、この局面。大駒無しでもこの場合は攻めが繋がってると思う。




こう来て




こうなった。ぶっちゃけ、この局面は勝勢だと思ってたです!
というか、後手勝勢です。



▲7七玉△2九飛成▲5九歩△同と▲7九金

ここで、次の一手。どうしますか。




△5八と▲8八金




( ・ ・)…

( ・ ・)…

( ・ ・)…あれ?

( ・ ・)…なんか寄りが視えないぞ……?



ふぎゃああああああああああああああ





再度戻って



△6九と▲8八金△7九と

……こっちで、勝ちじゃん!!
やる手が分かりやすい。桂香取った後龍回る感じで明快。

で、じゃあ何で△6九と、と寄らなかったのかって言うと、
まぁ玉が上に逃げて直ぐに詰む訳じゃないことは分かってたけど
と金と成銀で寄って行って玉上がったら端歩付いておけば簡単だろうと思ってた。
だから、△6九とで▲7八金なら成銀寄っても効果薄いし、
金を追うなら引いた方が龍の効きも通っていいだろうと思った。

はっきり言おう。バカだった。

( ・ ・)…

実際は先手の金が8八にいる形が相当いいんで成銀寄っていくとかいう手じゃ
相当よらない。


( ・ ・)…

( ・ ・)…

( ・ ・)…うわあああぁぁ


いやあのね、あの玉があそこまで手がかからなくなる玉だとは思わなかった。
っていうか、と金引くって……引くって……もう……だめだ……。

完。

拍手[0回]


終盤の自玉、敵玉、詰むや詰まざるや、という局面では、
zanの力がそれなりに発揮される展開だと思う。

ただし、その状況が得意かどうかと好きかどうかはちょっと違う。
こんな将棋ばっかやってたらzanの心臓が持たないおぱ!!
うごー



まぁ、とは言え終盤がzanの主戦場。
序中盤で何故か悪くなることの多いzanは、終盤で勝負するしかない状況が多い。
そこで、今回はzanの終盤での苦悩に満ちた読み筋をお送りします!!

ってったって……。

さすがにこれはないやろ……。という終盤なんですが。

Q 左上で遊んでる銀二枚、あれはなんや?

A ……

上下反転、後手がzan。


自玉は▲7二銀からの詰み。
バラしてから、▲6二飛△8三玉▲7四金の筋が分かりやすい。
当然、8二に駒打つのは意味ないから、受けるなら△7二銀だけど、
▲8二金から、金銀二枚取られては間違えもない負け。
△6二玉は並べ詰み。

まぁ、どうやったって勝てない局面ですが、
飛車打って合駒請求して祈ろうと思いましたです!


△2九飛▲5九銀

お相手は3秒で直ぐに▲5九銀でした。
……ちょっとは考えた方がいいと思うです。
ここでは、▲6八玉でも、▲7八玉でもはっきり勝ちです。

銀を使ってもらったので、玉を上がります。

△6二玉

しかし、銀を使わせても負けだというのだから、相当悪い。
ここでは、二通りのパターンを考えていました。
第一感は、▲6三飛。△5二玉に▲6一飛成△同玉▲6三馬。

詰みは無いんですが、これで受けがありません。
△6二歩でも△5二飛でも▲7二金があるので、△5二金しかありませんが、

△5二金▲7二成香△5一玉▲4三金

負けです。


もう一つのパターンは、
戻って、△6二玉のところで、▲8二飛。
△5一玉なら▲7二成香。△7二銀なら▲6三金。
という感じ。▲6三飛には劣るけど、それでも一手一手だな、と思ってました。

本譜は、▲6三金△5一玉▲7三成香

でした。これだと、成香を桂馬で取れる為、後手の金がそのまま残ります。
その上、左に逃げているので、少し間違えてる手順じゃないかなと思いました。

△同桂▲同馬△6二銀

ここで、△6二歩とすると、▲8二飛があるので、△6二銀で辛抱。
▲8一飛なら△7一歩で受かるけど▲8二飛だと潰れる。
△7三銀と馬を取れるようにしておきたい。
△同桂の瞬間に、▲8一飛△7一歩▲7二歩という展開もあったと思うけど、
お相手はノータイムで指してくるです。

ここでのzanの読みは、単純に▲6二金△同金▲6三桂△5二玉▲5一飛△4三玉▲6二馬

と、金を取っておいた局面が、自玉の詰みは無さそうだけど、まぁ負けだな…
と考えていたです!

ところが本譜は、▲同馬△同金▲8一飛△6一歩▲7三桂

全く読みが当たらないですおぱ!!
しかし、桂打ちは悪手だと思いました。
8一に飛を打つ筋だと、例えば
銀を取って、▲8一飛を決めてから金を取って同玉に▲7四桂の感じは
読んでました。それも難しいかと思いましたが、
▲7三桂は受けの機会を与える手だと思います。
まぁ、詰めろなんだから普通じゃないかと言われそうだけど……。

で、考えた結果、金寄り。

△5二金左▲7二銀

△5二金左はこの一手。
zanの読みは▲6二金△同金▲4三銀△5二金打でどうか、
と思ってたのですが▲7二銀でした。

ここで、望みがでてきたと思いました。
負け確実という訳では無さそうです。

▲7二銀はぱっと見、味が悪い一手で、
△5二金左と、玉を左に逃がそうとしている時に、
最後の駒である銀を右で使ってしまうのはまずい。
しかも、右側で、密集させすぎです。
これでは、いくら駒の数で先手が勝っていても、
適当にあしらわれると、時間を稼がれます。
終盤は駒の損得より速度、といいますが、
何よりも大事な速度を後手に与えてしまいました。

右側は出来るだけ相手にしないようにして、
先手が使った、金、銀、桂の駒を重くするイメージ。

△4二玉▲6一桂成

ここで迷いました。
△6三金直と取るのは、▲同銀成△同金▲8二飛成がまずい。
△6一金は▲同銀不成がまずい。
△7二金はあるかと思ったんですが、▲5二金△同玉▲5一成桂
という展開でやっぱり危険なのはあまり変わらないかと。

そこで

△7七歩▲6八成桂

△7七歩としました。金が入れば詰みですよ、という意味。
△7二金がやりづらかったのも、銀は入るけど金が入らなくなるから、
という思惑がある。先手玉に迫ることを考えると金が欲しい。
△7二金としなければ、金は手に入る形。
これなら先手も一旦受けに回ることになるだろうと。
▲同桂なら8九角の筋を狙い、とにかく詰みの形を作る。

△6三金▲7七桂

△6三金で金をとり、先手玉が詰めろなので、▲7七桂。
ここで△8九角の詰めろを考えたい所。
だけど▲7九金とされるとどうなのか……ダメそうか……。
悩みました。
一旦は成桂を取る。

△6二金

△6二金とする時には、もう一つ考えてたことがあって、
桂馬が入ると、△6八歩からいきなり詰む筋が生じるかもしれないと思いました。

本譜▲7一飛成

これで、今すぐはダメだろうけど、駒が何か入ったら分からない。
どうしようもなくなったら、最後はその筋で勝負するしかないと思ってました。

筋は、△6八歩に▲同玉なら、△7六桂。これは▲6九玉△6八香で、詰みだと。
普通は▲同金ですが、そこで、
△7九金▲同玉△5九飛成▲6九金打△8八銀▲同玉△6八龍▲同金△7六桂、の筋。

こうなればぴったり詰みなんですが、△8八銀の時に▲7八玉が…うーん。
先に△6八龍を入れるのかとか考えてましたが、ちょっと足りないのか、と。

▲7八玉に△8九角▲8八玉△6八龍▲同金△7六桂▲9七玉△6四角▲8六歩
で届かず、と。

あと、△6八歩の時に▲7八玉と▲7九玉の場合どうするかは全く考えてませんでした。

Q ……おいおい。

A いやまぁ、秒読みだったし、ざっと勝手読みで読んだ筋だから……。

でも後から考えれば、▲7八玉は詰みだし。
▲7九玉は△7八香で叩いて。取って△6九角でとっても簡単ですね。
無意識だな、うん。

そうなるとやっぱり、前述のルートがぎりぎり詰まないだけかなー。

という訳で、駒が入ればっていうのはそういうこと。
やっぱり終盤のここの辺りの感覚は間違えてないですよ!!zan!!
何が入れば詰みとかいうところまではさすがに読めてないですけど、、、、
あの秒読みでもプロなら見えちゃうんだよな……すごいよな……。


そんな訳で、結構本譜から離れてたけど、戻って、
▲7一龍の局面で、ちょこっと粘って、駒がほしいと思ってましたです。

△6一歩

読み筋は、△6一歩▲同銀成△5二金で粘ろうと。
単に△5二金と逃げると、▲6一銀不成で厳しいから、
一旦△6一歩として銀を成らせよう、と思ってました。

でも、よく考えたら△6一歩でも▲同銀不成はあったわ。。。
↑この辺、先手玉の方考えてて、自玉の方の読みがアバウトになってる……

後から考えると、(結果論で)△6一歩に▲同銀不成なら△5一金があるかなと思うけど。
対局中にそれを考えてなかったっていうのはやばいよー。場合によっては致命的だよ―。

(先手玉の方考えてたっていうのは、△6一歩、とすると、歩を使ってしまうっていうのが
すごく迷いどころだった。この一歩がすごい大事で、ここで歩を使っちゃうと、
何か駒入っても先手玉即詰みが無くなるかもと思って、歩を打つのを躊躇してた。)

△6一歩打つ決断して、いきなり詰ませる筋は殆ど諦めた感じ。
先手の龍も3筋に効いてくるし。


▲同銀成△5二金▲6二成銀

読み通りの展開。ここで△4三金とするか、△6二金と取るか。
放置は相当危ない。すぐ詰んでもおかしくないし、
どの道今△8九角は▲7九金で分からなかったので一旦耐えないと、と思ってた。

で、△6二金は送りの手筋もあるし、危ない。
△4三金▲5一龍△3三玉の感じで、上に上に逃げればちょっと持つと思った。
最初は△4三金▲5一龍は△3二玉で耐えられるかなとか考えてた。
▲5二龍は△4二金打があるから。
でも▲5二成銀があることに気づいてやっぱり上に逃げる読みに変更。
危ないよ!!変な読み筋は見えるくせに、当たり前の筋が視えなかったりってことが
割とあるんだよzanは……。

しかして、▲5二成銀でも金打てばって考えはあったのか……?

▲2三金

これ見て、数秒考えて、ほっとしました。
▲2三金は悪手だ、とかいう意味じゃなくて、
手番が回ってきたという意味でです。
悪手かどうかなんてこの時考えてる暇なかった。

ともあれ、▲2三金は詰めろじゃありません。
▲5一龍△3一玉で詰まない!
しかも、持ち駒の金を使ってもらった。これが大きい!

逆転はしている、と感じてました。
ここで、駒を渡さずに詰めろ詰めろで行けば勝ち。


△8九角▲7八歩

△8九角の詰めろに、受けて▲7八歩。
読みは△8九角に▲7九歩でしたが、どちらでもこれはもう逃さない。
持ち駒がないので、受けが効きません。

△8八角▲6五桂

▲6五桂はこの一手。先手は龍を利かして詰みを消すしかありません。

ここで、直ぐに△7九金からバラして詰みかどうかもぎりぎりまで考えましたが、
詰まない。詰まない。そこで

△8五桂▲1六歩

△8五桂と打って詰めろ。
先手も▲1六歩と銀を取って詰めろを掛けますが

△7九金

以下詰みとなりましたです。



………うん。

zanの心臓………破裂するかも。

拍手[0回]

PR


zanの玲瓏 たぶんときどき空を飛ぶ -閉鎖中-
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
zan
性別:
男性
自己紹介:
バトルラインやってます。
対戦するときはよろしくお願いします。

リンクは張りも外しも自由です!ふりー!

対戦してくれた皆さん
ありがとうございました!


and …you!

Q なにカッコつけt

対戦を記事や動画にしてくださる方、
zanは大歓迎です!
許可とらずとも、どんどんやって
もらっておkですy!!
よろしくです!

傾向
最初はささっと要所で長考かと
ほとんどがデッキテストなので
バランス崩壊してるデッキもあります。
が、常に力の限り全力でいきます!

Q zanってどんな人?
A こんな人

その後

扱っているゲームの画像の著作権
バトルライン
(c)2008-2010 8-senses.All Rights Reserved.
バトルライン コンクエスト
(c)2011 8-senses.All Rights Reserved.

「最後のガヴァタール」の使用素材

新しくがばたる公式っぽいツイッターつくった。こちら

このブログは祖国日本を応援しています。がんばろう日本。
無印バトルラインデッキ
まとめ
最新CM
カウンター
ブログ内検索
バナナー!