忍者ブログ
ここは、zanがバトルラインについて書いていくぶっ飛びブログの跡地、のようなとこです。         このブログは閉鎖中です。

終盤の自玉、敵玉、詰むや詰まざるや、という局面では、
zanの力がそれなりに発揮される展開だと思う。

ただし、その状況が得意かどうかと好きかどうかはちょっと違う。
こんな将棋ばっかやってたらzanの心臓が持たないおぱ!!
うごー



まぁ、とは言え終盤がzanの主戦場。
序中盤で何故か悪くなることの多いzanは、終盤で勝負するしかない状況が多い。
そこで、今回はzanの終盤での苦悩に満ちた読み筋をお送りします!!

ってったって……。

さすがにこれはないやろ……。という終盤なんですが。

Q 左上で遊んでる銀二枚、あれはなんや?

A ……

上下反転、後手がzan。


自玉は▲7二銀からの詰み。
バラしてから、▲6二飛△8三玉▲7四金の筋が分かりやすい。
当然、8二に駒打つのは意味ないから、受けるなら△7二銀だけど、
▲8二金から、金銀二枚取られては間違えもない負け。
△6二玉は並べ詰み。

まぁ、どうやったって勝てない局面ですが、
飛車打って合駒請求して祈ろうと思いましたです!


△2九飛▲5九銀

お相手は3秒で直ぐに▲5九銀でした。
……ちょっとは考えた方がいいと思うです。
ここでは、▲6八玉でも、▲7八玉でもはっきり勝ちです。

銀を使ってもらったので、玉を上がります。

△6二玉

しかし、銀を使わせても負けだというのだから、相当悪い。
ここでは、二通りのパターンを考えていました。
第一感は、▲6三飛。△5二玉に▲6一飛成△同玉▲6三馬。

詰みは無いんですが、これで受けがありません。
△6二歩でも△5二飛でも▲7二金があるので、△5二金しかありませんが、

△5二金▲7二成香△5一玉▲4三金

負けです。


もう一つのパターンは、
戻って、△6二玉のところで、▲8二飛。
△5一玉なら▲7二成香。△7二銀なら▲6三金。
という感じ。▲6三飛には劣るけど、それでも一手一手だな、と思ってました。

本譜は、▲6三金△5一玉▲7三成香

でした。これだと、成香を桂馬で取れる為、後手の金がそのまま残ります。
その上、左に逃げているので、少し間違えてる手順じゃないかなと思いました。

△同桂▲同馬△6二銀

ここで、△6二歩とすると、▲8二飛があるので、△6二銀で辛抱。
▲8一飛なら△7一歩で受かるけど▲8二飛だと潰れる。
△7三銀と馬を取れるようにしておきたい。
△同桂の瞬間に、▲8一飛△7一歩▲7二歩という展開もあったと思うけど、
お相手はノータイムで指してくるです。

ここでのzanの読みは、単純に▲6二金△同金▲6三桂△5二玉▲5一飛△4三玉▲6二馬

と、金を取っておいた局面が、自玉の詰みは無さそうだけど、まぁ負けだな…
と考えていたです!

ところが本譜は、▲同馬△同金▲8一飛△6一歩▲7三桂

全く読みが当たらないですおぱ!!
しかし、桂打ちは悪手だと思いました。
8一に飛を打つ筋だと、例えば
銀を取って、▲8一飛を決めてから金を取って同玉に▲7四桂の感じは
読んでました。それも難しいかと思いましたが、
▲7三桂は受けの機会を与える手だと思います。
まぁ、詰めろなんだから普通じゃないかと言われそうだけど……。

で、考えた結果、金寄り。

△5二金左▲7二銀

△5二金左はこの一手。
zanの読みは▲6二金△同金▲4三銀△5二金打でどうか、
と思ってたのですが▲7二銀でした。

ここで、望みがでてきたと思いました。
負け確実という訳では無さそうです。

▲7二銀はぱっと見、味が悪い一手で、
△5二金左と、玉を左に逃がそうとしている時に、
最後の駒である銀を右で使ってしまうのはまずい。
しかも、右側で、密集させすぎです。
これでは、いくら駒の数で先手が勝っていても、
適当にあしらわれると、時間を稼がれます。
終盤は駒の損得より速度、といいますが、
何よりも大事な速度を後手に与えてしまいました。

右側は出来るだけ相手にしないようにして、
先手が使った、金、銀、桂の駒を重くするイメージ。

△4二玉▲6一桂成

ここで迷いました。
△6三金直と取るのは、▲同銀成△同金▲8二飛成がまずい。
△6一金は▲同銀不成がまずい。
△7二金はあるかと思ったんですが、▲5二金△同玉▲5一成桂
という展開でやっぱり危険なのはあまり変わらないかと。

そこで

△7七歩▲6八成桂

△7七歩としました。金が入れば詰みですよ、という意味。
△7二金がやりづらかったのも、銀は入るけど金が入らなくなるから、
という思惑がある。先手玉に迫ることを考えると金が欲しい。
△7二金としなければ、金は手に入る形。
これなら先手も一旦受けに回ることになるだろうと。
▲同桂なら8九角の筋を狙い、とにかく詰みの形を作る。

△6三金▲7七桂

△6三金で金をとり、先手玉が詰めろなので、▲7七桂。
ここで△8九角の詰めろを考えたい所。
だけど▲7九金とされるとどうなのか……ダメそうか……。
悩みました。
一旦は成桂を取る。

△6二金

△6二金とする時には、もう一つ考えてたことがあって、
桂馬が入ると、△6八歩からいきなり詰む筋が生じるかもしれないと思いました。

本譜▲7一飛成

これで、今すぐはダメだろうけど、駒が何か入ったら分からない。
どうしようもなくなったら、最後はその筋で勝負するしかないと思ってました。

筋は、△6八歩に▲同玉なら、△7六桂。これは▲6九玉△6八香で、詰みだと。
普通は▲同金ですが、そこで、
△7九金▲同玉△5九飛成▲6九金打△8八銀▲同玉△6八龍▲同金△7六桂、の筋。

こうなればぴったり詰みなんですが、△8八銀の時に▲7八玉が…うーん。
先に△6八龍を入れるのかとか考えてましたが、ちょっと足りないのか、と。

▲7八玉に△8九角▲8八玉△6八龍▲同金△7六桂▲9七玉△6四角▲8六歩
で届かず、と。

あと、△6八歩の時に▲7八玉と▲7九玉の場合どうするかは全く考えてませんでした。

Q ……おいおい。

A いやまぁ、秒読みだったし、ざっと勝手読みで読んだ筋だから……。

でも後から考えれば、▲7八玉は詰みだし。
▲7九玉は△7八香で叩いて。取って△6九角でとっても簡単ですね。
無意識だな、うん。

そうなるとやっぱり、前述のルートがぎりぎり詰まないだけかなー。

という訳で、駒が入ればっていうのはそういうこと。
やっぱり終盤のここの辺りの感覚は間違えてないですよ!!zan!!
何が入れば詰みとかいうところまではさすがに読めてないですけど、、、、
あの秒読みでもプロなら見えちゃうんだよな……すごいよな……。


そんな訳で、結構本譜から離れてたけど、戻って、
▲7一龍の局面で、ちょこっと粘って、駒がほしいと思ってましたです。

△6一歩

読み筋は、△6一歩▲同銀成△5二金で粘ろうと。
単に△5二金と逃げると、▲6一銀不成で厳しいから、
一旦△6一歩として銀を成らせよう、と思ってました。

でも、よく考えたら△6一歩でも▲同銀不成はあったわ。。。
↑この辺、先手玉の方考えてて、自玉の方の読みがアバウトになってる……

後から考えると、(結果論で)△6一歩に▲同銀不成なら△5一金があるかなと思うけど。
対局中にそれを考えてなかったっていうのはやばいよー。場合によっては致命的だよ―。

(先手玉の方考えてたっていうのは、△6一歩、とすると、歩を使ってしまうっていうのが
すごく迷いどころだった。この一歩がすごい大事で、ここで歩を使っちゃうと、
何か駒入っても先手玉即詰みが無くなるかもと思って、歩を打つのを躊躇してた。)

△6一歩打つ決断して、いきなり詰ませる筋は殆ど諦めた感じ。
先手の龍も3筋に効いてくるし。


▲同銀成△5二金▲6二成銀

読み通りの展開。ここで△4三金とするか、△6二金と取るか。
放置は相当危ない。すぐ詰んでもおかしくないし、
どの道今△8九角は▲7九金で分からなかったので一旦耐えないと、と思ってた。

で、△6二金は送りの手筋もあるし、危ない。
△4三金▲5一龍△3三玉の感じで、上に上に逃げればちょっと持つと思った。
最初は△4三金▲5一龍は△3二玉で耐えられるかなとか考えてた。
▲5二龍は△4二金打があるから。
でも▲5二成銀があることに気づいてやっぱり上に逃げる読みに変更。
危ないよ!!変な読み筋は見えるくせに、当たり前の筋が視えなかったりってことが
割とあるんだよzanは……。

しかして、▲5二成銀でも金打てばって考えはあったのか……?

▲2三金

これ見て、数秒考えて、ほっとしました。
▲2三金は悪手だ、とかいう意味じゃなくて、
手番が回ってきたという意味でです。
悪手かどうかなんてこの時考えてる暇なかった。

ともあれ、▲2三金は詰めろじゃありません。
▲5一龍△3一玉で詰まない!
しかも、持ち駒の金を使ってもらった。これが大きい!

逆転はしている、と感じてました。
ここで、駒を渡さずに詰めろ詰めろで行けば勝ち。


△8九角▲7八歩

△8九角の詰めろに、受けて▲7八歩。
読みは△8九角に▲7九歩でしたが、どちらでもこれはもう逃さない。
持ち駒がないので、受けが効きません。

△8八角▲6五桂

▲6五桂はこの一手。先手は龍を利かして詰みを消すしかありません。

ここで、直ぐに△7九金からバラして詰みかどうかもぎりぎりまで考えましたが、
詰まない。詰まない。そこで

△8五桂▲1六歩

△8五桂と打って詰めろ。
先手も▲1六歩と銀を取って詰めろを掛けますが

△7九金

以下詰みとなりましたです。



………うん。

zanの心臓………破裂するかも。

拍手[0回]

Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PR


zanの玲瓏 たぶんときどき空を飛ぶ -閉鎖中-
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
zan
性別:
男性
自己紹介:
バトルラインやってます。
対戦するときはよろしくお願いします。

リンクは張りも外しも自由です!ふりー!

対戦してくれた皆さん
ありがとうございました!


and …you!

Q なにカッコつけt

対戦を記事や動画にしてくださる方、
zanは大歓迎です!
許可とらずとも、どんどんやって
もらっておkですy!!
よろしくです!

傾向
最初はささっと要所で長考かと
ほとんどがデッキテストなので
バランス崩壊してるデッキもあります。
が、常に力の限り全力でいきます!

Q zanってどんな人?
A こんな人

その後

扱っているゲームの画像の著作権
バトルライン
(c)2008-2010 8-senses.All Rights Reserved.
バトルライン コンクエスト
(c)2011 8-senses.All Rights Reserved.

「最後のガヴァタール」の使用素材

新しくがばたる公式っぽいツイッターつくった。こちら

このブログは祖国日本を応援しています。がんばろう日本。
無印バトルラインデッキ
まとめ
最新CM
カウンター
ブログ内検索
バナナー!