忍者ブログ
ここは、zanがバトルラインについて書いていくぶっ飛びブログの跡地、のようなとこです。         このブログは閉鎖中です。

今回は覚醒デッキ!


剣斧槍の3色デッキとかでなく、覚醒デッキをわざわざ作る理由というか、
メリットとしては、エクスがいるから。

そもそも覚醒デッキはほぼ使われることのない不人気デッキなんだけど。
このエクスの魔剣兵を使いたいな、と考えた時、必然覚醒デッキを作ることになる。

エクスの覚醒条件は、自分が中立か敵陣にいる時に味方兵が覚醒すること。
条件は厳しいけど、覚醒できれば、コスト1戦闘力5という強力な兵に!
このエクスの力を発揮させるため、覚醒兵を大量に入れることになるです。

で、覚醒兵を大量に入れて
エナジー缶やサジレウスを入れて一気に覚醒を狙うみたいなデッキが一案。
だけど今回は、ゼリグとワンドラ入りの、展開力進軍力に比重をおいた覚醒デッキにするです!
(理由は、覚醒兵が少ない現状では、エナジー缶、サジレウスが大して強くないから)


『使いやすい覚醒デッキ』

つまり、これなら3色デッキと同じ感覚で攻められる。バランスも良い。
このデッキのポイントは2つ!

・エクス覚醒
サージェント、騎オルス、サキラの3つは、覚醒のタイミングが図りやすい為、
エクス中立→これらの兵で覚醒 を狙う

・ゼリグワンドラ
ゼリグワンドラは、覚醒がし易いような補助の役目と、
どんどん攻めていく補助の役目、どちらも兼ねている。
けど、やはり狙いとしては、ガイア覚醒、ロクマ覚醒の為に使えるとベスト!

これだけです!!
3色デッキとの違い!
この点を気にかけるだけで、もう覚醒デッキの扱いもばっちりだぽんー。

(何度かテスト対戦はしたけど、今CPUとしか対戦できてないからな……ちょっと心配。
僅かに食料多いかもしれない。イベリン外すべきかも。)


以下、ちょっとした覚醒カードについての解説。

ガイア

一般兵の覚醒カードで強いのは、このガイアと、エクスだけ。
エクスは前述の通り、覚醒デッキ専用カードみたいな扱いだけど、
ガイアの覚醒条件は敵兵を倒した時、と条件が優しめなので、
槍デッキなどでも割と好んで採用される。
覚醒デッキにも是非使用したい兵。


サージェント

上のデッキでは1枚採用しているが、2枚目は採用せずとなっている。
この兵は、最初は騎兵で、覚醒後剣兵。
足が速い(利点)剣兵という扱いだが、
コスト2支払う割に、覚醒後の戦闘能力が、
コスト1相当の戦闘力3DEF1と、低い為、結局は弱いカード。

しかし、この覚醒デッキでは、エクスの覚醒を安定させるために1枚採用している。
エクス覚醒安定には、騎オルスやサキラ等の他に、覚醒カーヴァイという兵もいる。
既に安定化の兵が3体居れば、サージェントを採用する必要はないだろう。
上のデッキではあいにく英雄枠が足りなかったが


ソウルアックス

弱いので、採用しないことをオススメするです!!!
覚醒する前は弱い。それは当たり前だけど、覚醒してもコスト1相当と見ていい。
何しろ、丸盾斧兵と打点が変わらない。一応、ATC1が戦闘力1にはなっているが、
苦労して覚醒した結果がこれじゃあ割に合わない。
そもそも斧兵は打点が命だし。他の要素は対して重要じゃない。
なので、覚醒デッキであろうとなかろうと採用されない兵です!!!


解説はこれくらいで十分かな
一応補足するなら

覚醒デッキには魔テジロフを入れるのも一考。
上のデッキで採用しなかった理由は、剣斧槍の3色限定して、
展開力進軍力重視した方が強いから。

あー。やっぱり覚醒デッキに魔テジロフはいらないかな?
うーん。

拍手[0回]

Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PR


zanの玲瓏 たぶんときどき空を飛ぶ -閉鎖中-
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
zan
性別:
男性
自己紹介:
バトルラインやってます。
対戦するときはよろしくお願いします。

リンクは張りも外しも自由です!ふりー!

対戦してくれた皆さん
ありがとうございました!


and …you!

Q なにカッコつけt

対戦を記事や動画にしてくださる方、
zanは大歓迎です!
許可とらずとも、どんどんやって
もらっておkですy!!
よろしくです!

傾向
最初はささっと要所で長考かと
ほとんどがデッキテストなので
バランス崩壊してるデッキもあります。
が、常に力の限り全力でいきます!

Q zanってどんな人?
A こんな人

その後

扱っているゲームの画像の著作権
バトルライン
(c)2008-2010 8-senses.All Rights Reserved.
バトルライン コンクエスト
(c)2011 8-senses.All Rights Reserved.

「最後のガヴァタール」の使用素材

新しくがばたる公式っぽいツイッターつくった。こちら

このブログは祖国日本を応援しています。がんばろう日本。
無印バトルラインデッキ
まとめ
最新CM
カウンター
ブログ内検索
バナナー!