忍者ブログ
ここは、zanがバトルラインについて書いていくぶっ飛びブログの跡地、のようなとこです。         このブログは閉鎖中です。

ということを書く前に、最近は単なる緑単デッキを回してた。

2ターン目 ゴリラ
3ターン目 相手出さなかったら、人面樹。出してたらサイクロプス
みたいな感じが理想パターン。
ゴリラ→世界樹のパターンはサメを使われると悲惨なので直ぐには使わないことが多い。
2ターン目ゴリラができなければ長寿王で代用。
長寿王も無かったら貯めて人面樹。それすら来なかったら悲惨だけど、貯めて世界樹。

何かしらアタッカー出したら、サイクロプスや植物使いでライフ削りを急ぐ。
人面樹がアタッカーなら、老婆使った後、ラッパ妖精や植物使い使うことで
そのまま押しきれることも多い。

結構強いデッキな気がしたです!でも、ひねりは全く無いです!!



で、カードコマンダーは
基本は相手のライフを自分のライフより先に0にすると勝利っていうルールだけど。
相手のデッキが0になって、相手がカードを引けなくなったら勝利っていうルールもある。

だから、目的が二つ存在するルールの中で戦っているわけだ。
これが……まぁ賛否両論だろうけど、zanはあまり良くないと思うです!

具体的に何言ってるのかって言うと、デッキ破壊との兼ね合いの話だけど。
あ、誤解の無いように最初に断っとくと、デッキ破壊が悪いとは言ってないよ。
zanも使ったことあるし。

デッキ破壊を代表するカードが水使いと電気イカ。
使うことができれば一気に相手のデッキを0にすることもできるです。

でも、使うには時間が掛かるので、

雪女やスフィンクスといったカードで、時間稼ぎをして、間に合わせようというのが
セオリーな訳ですね!

しかしここで、デッキ破壊と対戦すると
片一方は、相手のライフを0にすることを目指し、
片一方は、相手のデッキを0にすることを目指している。

雪女やスフィンクスは、普通は相手のカードをスカらせる為に使う訳だけど、
デッキ破壊との対戦だと、単なる時間稼ぎとして使われ、
じゃぁ状況はどんどん悪化するけどどうするのかな?
って見てると水使いや電気イカでデッキ切れにされる。

これでは、じゃぁ、相手のライフを1まで削ったのに何だったんだ、とか
自分のライフを5まで増やしたのに何だったんだ、
相手デッキ枚数1まで削ったのに何だったんだ
、っていう
目的の違いによる消化不良現象が起こることになるのです!!!
これはお互いにとって良くないはず!


そこで、自分のデッキが0になっても直ぐに負けにはならずに、
例えばカードドローの時に、自分のライフが-1されるとか、-2されるとか。
或いは、魔力増加量分、魔力が減少していく様になるとか、
ネズミ司祭みたいに、魔力は3までで、それ以上増えなくなるとか。

そういう感じに変えるべきだと思うです。

勿論、その場合は、水使いや電気イカの効果やレベルなんかも変更して
バランスが取れるようにすることも含めてです。
こうすることで、デッキ破壊は狙いの一つではあるけれども、
最終的には相手のライフを0にすることが勝利条件ですってことになって、
最終目的は一致するので、デッキ破壊との戦いでも白熱した勝負になると思うです!

現状は正直、デッキ破壊vsその他デッキになると、やはり勝っても負けても違和感が大きい。
zanの提言だけど。どうかな。


要するにバトルラインですよええ!あれは制圧オンリーで分かりやすい。
あの様に、最終目的は唯一つにしたらいいと思うのです!




Q 思ったけど、ライフ1減るにしても時間稼ぎするだけじゃね

A ………目に見える分、良くなるはず!
  ライフが無駄になることはなくなるし!
  クジラや狂戦士もあるし!

拍手[0回]

Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PR


zanの玲瓏 たぶんときどき空を飛ぶ -閉鎖中-
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
zan
性別:
男性
自己紹介:
バトルラインやってます。
対戦するときはよろしくお願いします。

リンクは張りも外しも自由です!ふりー!

対戦してくれた皆さん
ありがとうございました!


and …you!

Q なにカッコつけt

対戦を記事や動画にしてくださる方、
zanは大歓迎です!
許可とらずとも、どんどんやって
もらっておkですy!!
よろしくです!

傾向
最初はささっと要所で長考かと
ほとんどがデッキテストなので
バランス崩壊してるデッキもあります。
が、常に力の限り全力でいきます!

Q zanってどんな人?
A こんな人

その後

扱っているゲームの画像の著作権
バトルライン
(c)2008-2010 8-senses.All Rights Reserved.
バトルライン コンクエスト
(c)2011 8-senses.All Rights Reserved.

「最後のガヴァタール」の使用素材

新しくがばたる公式っぽいツイッターつくった。こちら

このブログは祖国日本を応援しています。がんばろう日本。
無印バトルラインデッキ
まとめ
最新CM
カウンター
ブログ内検索
バナナー!