忍者ブログ
ここは、zanがバトルラインについて書いていくぶっ飛びブログの跡地、のようなとこです。         このブログは閉鎖中です。

取り敢えず無能が多いんですがそれは。

いや、火星機強すぎて戦闘になってないですが、
それ以前に、火星側の作戦を15年前から想定済みであるとか言いながらさ、
通信衛星、施設全部破壊されてるじゃん。
馬鹿なの?
15年間何やってんの?

戦闘状況もロクに把握できず、指揮も取れない。
この時点で負けですけど。やる気あんの?


2話では市街地で戦うシーンあったけど。
地球機体に乗った兵士も
最初にバラっと銃打ち込んだ時点で分かるじゃん。
火星機体に全然効いてないよ。
どう見ても全身バリアだよ。
無意味なことやるなって。
弱点って言っても、攻撃する時にバリア外れるのか、
エネルギー切れになってバリア外れるまでどれくらいか
とかその程度ですよ考えられるのって。
でも火星機体に触れた部分は即座に消滅してんじゃん。
あれバリア外れるとか考えるの無駄だよ。
エネルギー切れ狙うなら機体数足りないよ。
体制整えないと無理。あそこは逃げる一手でしょうが。
民間人1人助けるって言うなら助けるでいいですけどね、
それがさ、

「一体何何ですか!あいつの体は!」

「怯むな!撃ちまくれ!」

って馬鹿なの?学習能力ないの?
おまけにこれを眼前で見てた鞠戸大尉は
民間人を確保した界塚に

「逃げろ界塚!」

って言って、銃乱射して撃ち終わったらナイフ突撃だけどさ
いや、お前も一緒に逃げろよって。
足止めにもなってないこと分かるじゃん。
界塚もわざわざ大尉が死ぬまで逃げずに待ってあげるという無能さ。


せめてさ、手傷を負わせられますっていうなら
戦う意味もあるけど
そうじゃないなら撤退しなよ。


この軍人ダメだわ………


はっきり言ってさ、火星側が無敵すぎてやる気でないんだけど。
現状では火星機体奪取するしか手はないでしょ。
全部隊、全機体投入してでも火星機体1体でも奪取するのにかけるしかないわ。
使われてない機体あるでしょ。そこ襲撃でもしたら。
或いはどれか一つの火星機体に絞って、弱点見つけるでもいいけどね。

2話では火星機体の弱点らしきものが描かれてたけど
まぁそれ分かったからって火星機体倒せる訳じゃないでしょ。
倒せるんなら火星側は相当馬鹿だけどさ。
そんな甘いわけ無いでしょうが。

え?それとも主人公が不思議な力で新たな機体とか手に入れるんかな?

あぁ、主人公だけどあれも相当ダメでしょ。
なんか人によっては、『冷静だけどなんにも感じてないわけじゃない、
ちゃんと判断できる』とかいう人もいるけど、
zanに言わせれば、そうか?っていう。

例えば火星機体に追われてる時にさ。
火星機体にこちらの機体削らせて軽くしてから逃げる
って作戦はいいけどさ、ブレーキを指示する時がこれだぜ?

「ブレーキ。」

「ブレーキ踏んで。」

「早く。」

「ブレーキ!」


ようやくブレーキを踏む。


要するに冷静さを装った結果、ブレーキを踏むのが遅れてる。
今回は結果オーライではあるけど、こんなものは最初から
「今直ぐブレーキだ!」
って強く指示すればそれで済む。
こんな命が掛かってる局面でね、ぼくは冷静なんだとでも言うように、
いつも通りの口調で指示をするから実行するのが遅れる。
この先もこういう風に行くなら、いつかその数秒の指示のタイムラグが原因で
部隊全員殺すことになるね。間違いない。
無能の筆頭である主人公と言っていいんじゃないか?



結論 こいつら火星側に勝つ気最初からないだろ。


アルドノア・ゼロは途中で切るかもしれない。

拍手[0回]

Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PR


zanの玲瓏 たぶんときどき空を飛ぶ -閉鎖中-
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
zan
性別:
男性
自己紹介:
バトルラインやってます。
対戦するときはよろしくお願いします。

リンクは張りも外しも自由です!ふりー!

対戦してくれた皆さん
ありがとうございました!


and …you!

Q なにカッコつけt

対戦を記事や動画にしてくださる方、
zanは大歓迎です!
許可とらずとも、どんどんやって
もらっておkですy!!
よろしくです!

傾向
最初はささっと要所で長考かと
ほとんどがデッキテストなので
バランス崩壊してるデッキもあります。
が、常に力の限り全力でいきます!

Q zanってどんな人?
A こんな人

その後

扱っているゲームの画像の著作権
バトルライン
(c)2008-2010 8-senses.All Rights Reserved.
バトルライン コンクエスト
(c)2011 8-senses.All Rights Reserved.

「最後のガヴァタール」の使用素材

新しくがばたる公式っぽいツイッターつくった。こちら

このブログは祖国日本を応援しています。がんばろう日本。
無印バトルラインデッキ
まとめ
最新CM
カウンター
ブログ内検索
バナナー!