忍者ブログ
ここは、zanがバトルラインについて書いていくぶっ飛びブログの跡地、のようなとこです。         このブログは閉鎖中です。

Fate stay night と Fate zero のネタバレ注意


いや、いつか言おうと思ってたんだけど。
公式では、切嗣は正義の味方の格としては、stay nightのアーチャーに劣る、という話なんだけど、zanに言わせればそれは大きな間違いで、この3者の中で仮に正義の味方と名付けるならば、それは衛宮切嗣しかいない。アーチャーに至っては、正義の味方ですらない。


ということが以下に







まずアーチャー。最たる問題点は、アーチャーは正義の味方に成ろうとしたが、救うために殺すことに、多数を救うために少数を切り捨てることに絶望し、自分は正義の味方になるべきではなかったと思い、士郎を殺して自らが今までやってきた正義の行いを無にして消え去ることを望みとし、行動している。何もかも無かったことにして消え去りたいという訳だ。

今まで正義の味方として人を救ってきた結果を無にするのだから、人は救われず苦しむことになる。仮に今までやってきたことが正義であるならば、それを無にしようとするアーチャーは悪である。

寧ろ正義の味方を憎むようになっていくアーチャー。
正義の味方を消滅させたいと考える正義の味方がどこにいる?


結論 アーチャーは正義ではない。(本人もそれを嫌っている)






次に士郎。アーチャーとの違いは、後悔をしないと言っている点。
仮に士郎が正義の味方になって、何を体験して何を見ようとも、後悔しない、
アーチャーのようにはならないということだ。
これはいい。

ただし、士郎は正義を行おうとする範囲が狭い。
これは思想の上ではアーチャーにも共通することで、アーチャーのセリフにこんなものが在る。

『ただオレは、せめて自分が知りうるかぎりの世界では、誰にも涙して欲しくなかっただけなのにな』

これである。自分が知りうる限りの世界、自分が見える範囲の世界、要するに自分の身の回りである。普通の人が、会ったこともない他人より、家族や友人や恋人を大切にするのと同じ。

士郎も、自分の身の回りの出来事には、正義を以って対応するが、世界に苦しみが溢れているからといって、自分からそこに飛び込んで戦おうとする人間ではない。

普通の人はそれでいいが、正義の味方は、自分と親しいかどうかに差を持ってはいけないのである。

差を持つからこそ、閉じた世界になる。閉じた世界では、当然救えるものは極々僅か。衛宮士郎は、閉じた世界では正義の味方かも知れないが、世界全体で見れば、単なる正義の人である。正義であることには変わりがないが、正義の味方ではない。正義の人である。


結論 衛宮士郎は、正義の味方ではなく、正義の人である。

    閉じた狭い世界に存在する。







最後に衛宮切嗣だが、衛宮切嗣はこの世の全てを嘆きを、苦しみを対象にしている。閉じてはいない開けた世界である。切嗣は、自らを秤とし、世界を捌き、多数を助けるために少数を切り捨てる。そこに、自分の感情はないし、親しいかどうかも関係ない。事実、切嗣はどれだけ親しい人も容赦なく殺している。つまり、俯瞰した視点で世界を見ることができるのである。これが、自己の感情に左右されない、正義の味方の資格たる視点である。

切嗣で指摘されるところとしては、
切嗣はあくまで生死に拘っており、精神の善悪や、精神を救うかどうか、という点についての描写がない。という話であるが、それはアーチャーも士郎も同じこと。しかも描写がないだけで、精神の善悪も正しい可能性は十二分にあるし、そもそも、切嗣の今までの出来事から言えば、生死だけ考えても正義は示せる。

切嗣は最後にまたしても裏切られ、心が折れたような感じで残念ではあるが、それでも第五の聖杯戦争を阻止する大聖杯封印の仕掛けをしており、泥を被って力を失いながらもやるべきことはやっている、最後まで正義の味方であった。


結論 衛宮切嗣は正義の味方。




ただ、正義の味方って言葉が適当かどうかは疑問だけどね。
というのは、当然正義を行う上では、犠牲はつきものなので、
それを理由に正義ではない、と言ってくる人はどこにでもいる訳で、
例え、それで正義ではないという結論であっても別にいいと。
単に自分が信じることをやっただけだと。
救いたかっただけだと。
そういうことなんですけどね。






あと最後に言いたいんだけど
桜ルートの士郎は絶対に許さない!!!
あの選択肢では桜を見捨てて多数を救う方を選択するべきだった!!!
非情に成って切嗣に成って、大切な人を切り捨てるべきだったんだーーーーー!!!!

あぁ、公園でイリヤに好きな人を救うのは当然でしょって言われた後の選択肢だけど。

あのさ、別にさ、zanはさ、最初から桜を守りたい、何をしてでも守るんだ、っていう信念を持っているんだったら、こんなことは言わないんですよ。応援するんですよ。
ただ、今までの信念は何だったんだ!!!正義の味方は?!!どこ行ったの?!!
桜だけの正義の味方になるってそれ正義でもなんでもないじゃないですかーーーーーーー
今までの自分を、信念を全て捨てて、裏切って、桜を救いますって
それやるんだったら初めからそんな信念持つなぽん!!!!
正義の信念はそんなに安くない!!これじゃ大安売りバーゲンセールだよ!!!
zanは、あそこの選択肢で、切嗣になる選択肢をずっと選択し続けて先に進めなかったという過去を持つんですよ!!
15回はそれを繰り返して、仕方なく最後に目をつぶって桜を助ける方を選んだんですよ!!
でも、桜ルートは士郎が切嗣になるのが真エンドだとzanは今でも思っていますですよ!!
勿論正義の味方ってだけじゃなくて桜のことを考えてもですよ!
あれだけの人を犠牲にして、普通に暮らせる神経ってどうなの?!!
桜のことを考えれば尚の事殺してあげるべきだった!!
やっぱりだめだよそんなんじゃ!!
やると決めたからには何があろうとやらねば!!
それと、凛に譲っちゃダメだ!!桜を思うなら自分で殺してやるのだ!!
正義はどこに行ったーーーーーーーーーーーーーーー!



…はぁはぁ。


しくしくめそめそ。

信念は変えないというより変えられない、
それ程固いからこそ信念なのです。
簡単に変えるのは信念じゃありません。

桜ルートの士郎は桜の気持ちは良くとも、正義の味方としては最低な程に安っぽかったです。



何にせよ、Fate stay night も Fate zero もいい話だと思うですぽん。

拍手[0回]

Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PR


zanの玲瓏 たぶんときどき空を飛ぶ -閉鎖中-
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
zan
性別:
男性
自己紹介:
バトルラインやってます。
対戦するときはよろしくお願いします。

リンクは張りも外しも自由です!ふりー!

対戦してくれた皆さん
ありがとうございました!


and …you!

Q なにカッコつけt

対戦を記事や動画にしてくださる方、
zanは大歓迎です!
許可とらずとも、どんどんやって
もらっておkですy!!
よろしくです!

傾向
最初はささっと要所で長考かと
ほとんどがデッキテストなので
バランス崩壊してるデッキもあります。
が、常に力の限り全力でいきます!

Q zanってどんな人?
A こんな人

その後

扱っているゲームの画像の著作権
バトルライン
(c)2008-2010 8-senses.All Rights Reserved.
バトルライン コンクエスト
(c)2011 8-senses.All Rights Reserved.

「最後のガヴァタール」の使用素材

新しくがばたる公式っぽいツイッターつくった。こちら

このブログは祖国日本を応援しています。がんばろう日本。
無印バトルラインデッキ
まとめ
最新CM
カウンター
ブログ内検索
バナナー!