忍者ブログ
ここは、zanがバトルラインについて書いていくぶっ飛びブログの跡地、のようなとこです。         このブログは閉鎖中です。

『奇襲戦法!』

説明します!!
このデッキは中立布陣のアサシンやシルバーバックを使い、
隙を見て強行軍とか、怒涛の進軍とか、ブーストダッシュを狙うのです!!

Q ごめん地雷感しかしない

A ええー

Q 第一詰め込みすぎだし……
  奇襲っていうんだからアサシンやシルバーバックはいいとしても、
  英雄も戦えるやつじゃないのに加え、略奪ゴブリン×2、バッファロー×1って、、
  戦線崩壊するんじゃないの?

A う、うん。だから一応戦像いれて、安定感取って、ドワーフ、エルハウントがいるから
  何とか持つかな―と。これ以上変えると奇襲じゃなくなりそうだし。
  あ、でも確かに略奪ゴブリン×2はいくらなんでも余計だったかも

Q そんなんで大丈夫か…

さあ始まりましたぽん!!

アホかーーーーーーーーーーーー!
奇襲狙いなのにいきなり普通に出してどうするんじゃーー
アサシンで中立取ってゴブリンその後ろにすれば
一枚は引けるし奇襲も狙えるだろーーーーーーー

…はっ!確かに!みすがひどい!!


案の定こんな感じに。

し、しかしてまだ始またばかりなのれすよ!!勝負はこれからですよ!!!

えーっとこうやって

次ゴブリンで引くか、バッファローで食料溜めを狙いたいぽん!!

!!

相手ジョーンディで4枚ドローだと……?!

逆に中立やられてるじゃないかぽんー!!!

うぐぐ…既に苦しい感じが…


そしてついにだいぴんちに!!

バッファローを破棄してこの局面。

スクショ一枚失敗して取れなかったんだけど、アサシン出して配置転換して、
敵のドワーフの方を撃破。カーヴァンクルをクルサードの前に出して
像を中立に。強行軍警戒で、こっちは偽報があるから1ターンは稼げる。
クルサードを戦像とシルバーバックと配置転換で撃破しても
右も迫っていて苦しいので勝負に出たのです!

ここが問題の局面。

こうやって、

コストオーバーでどうせ、相手はこっちのシルバーバックを倒せないから
最悪、怒涛でクルサード撃破できるようにした感じ。

でも、よく考えたらコストオーバーなんだからマーリンで動かして
マルグリットを戦像で倒すなんてしなければよかったのかも!!
先にこのターンで怒涛だったか?!

とかいろいろ考えたけど

どん!

やっぱり強行軍なのかああああああああああああ

参りましたです。


まぁ、分かってても防げる手札じゃなかったんだけど
少し前で上手くやれば防げた…のかな?
いや、結局ダメだた気がす、、、


はっ…!負けてしまたです!
やっぱりzan、バトルライン無印やってた方がいい気がする


というわけで、次回は騎兵突貫デッキ使うです。
もうやっぱり突貫以外のことzanが考える事自体間違いだったんじゃry
ぐあぁぁー……

拍手[2回]


といふデッキです。

『誘ってDEF!』

主役はコレ!



どちらも、スキルを使えば、相手ユニットを前に出すことができます!
挑発の効果ですね!
しかしこれを単に使っても、ゴールデンコンドルもウンディーネも
スキルを使った時に大概自滅するだけなので、
カウンター狙いとか、同滅狙いぐらいにしか
普通は使えないのです!

しかーし!DEFを上げることで、ゴールデンコンドルだけで、
或いはウンディーネだけで敵を倒せるようになると思ふのです!

そこで、インペリアルガードや、ドライアドを入れて
DEF上げて倒しまくりデッキ!!というのが狙いですよぽん!!

ゴールデンコンドルのスキルの魅力は何回でも使えることだし、
ウンディーネは1回限りだけど、射撃1とDEF+1もあって、敵を倒しやすそう!
相性はピッタリだね!

よしっ!今回もがんばるぞー

序盤にウンディーネさんが来てくれました!

配置的にもなかなかいいスタート!!

と思ってたらグレイ・フォックスが布陣されたです

うぐぐ…ならべく早めに追っ払いたい形!

おお!ついにインペリアルガードが来てくれました!

ウンディーネさんとのコンボなのれすよ!!

し、しかーし。

普通に倒しちゃいました。
山賊鬼で倒せてソウルポイントおいしいし、
何よりグレイ・フォックスが邪魔だったのですよ、、
まぁ、ウンディーネさんは一度しか挑発できないので、
いい使いどきだったと思ふです!!


き、きた!主役がいなくなったらもう一枚主役のコンドルを!!

ちょうどインペリアルガードが場に出ているので、これを利用して
倒せればおっけー!っていふことでここに布陣したです!

おお!この配置ならコンドル(とインペリアルガード)で
エルフの僧侶を倒せる形です!!

し、しかし……
がまんですぽん。
何故かっていふと、そもそもエルフの僧侶は、倒された時にソウルポイントが1増えます。
なので、むしろ自分から自滅していっても良いカードなのです。
こっちから見ると、倒してもあまりおいしくないのだぽん……。

それだけじゃなくて、エルフの僧侶を倒そうとすると、
どうやってもドーリアを右に動かさないといけないのです。
そうすると、相手のアーケロンで次のターン同滅されてしまいます。
アーケロンは効果使ったので単なる戦闘力3だけど、
こっちのドーリアは戦闘力5以上のユニットと戦う時とても強くなるので、
こんなところで失うわけにはいかなかったのだぽん……。

まぁしかし、最善を尽くし、多くのユニットを倒すことに成功したです!

しかーし!相手のターンで

ドーリアさんには包囲攻撃、インペリアルガードには挑発を使われ、倒されてしまいます!

ここも結構悩んだけど

コンドルでスキル使って山賊鬼でカウンターを取ったです。
コンドルは左のウッドアーマーを倒すのに上手く使いたかったけど、
ターン数も少ないし、右側のエルフの僧侶と山賊鬼を前進させて、
中央を取っておいたほうがいい感じがしたのです!

だ、だがしかし、

( ・ ・)…だいぴんちだぽん!

何とか耐えられそうな布陣をするも…

ぐはぁッッ

参りました。


( ・ ・)がーん…

コンドルさんも上手く使えなかったし…

くっ…!次こそはっ!

食料が、じゃなかったソウルポイントが多い気がしたので、
マルドリッドをスタークに変更。

これからも癖でソウルポイントを食料って書いちゃうことがあるかも知れないけど
脳内変換でよろしくです!

次回からはしばらく突貫デッキとか速攻デッキになる予定。

拍手[2回]


今回はこんなデッキです!
『棒立ち射兵カウンター』

射撃ができる水ユニットはとても強力なカード!
でも射撃は殆どが一度使ったら使えないので、
打った後は何の役にも立たないことがほとんど…
そこで、打ち終わった後の水ユニットを前面に、山賊鬼やヘルハウンドでカウンターを取り続けたい!
というデッキ!

よしっがんばるぽん!

なかなかいい滑り出し!

しかし始まってそうそう、相手に中立を抑えられ、上手く前に出られない状況に、、

?!なんだ?!うまくいかないぽん!

せめて移動英雄やら配置転換か挑発くらい来てよ~
といふ感じですよ奥さん!!

結局殆どカウンターを取れないまま延長に!

ここで、大問題が発生

ふりーず。


Q …

A …

対戦相手の方申し訳ないです。対戦ありがとうございました。



フリーズしたのでちょっと待って切ったです。
バトルフォース対戦始まって初のフリーズ!!

( ・ ・)…がーん


フリーズは、対戦してるとなることがあると思います。
誰でも。
固まって操作が効かず、時計は止まるです。
そうなったら、フリーズした時手番だった人の方(動かそうとしてた側)が
少し待って復旧しそうもなかったら切断して下さいです。(閉じる)
そうするとお相手の勝ちとなります。


う、うん。気を取り直して
次回はDEFを上げるデッキで勝負するです!

拍手[1回]


はい!今回のデッキはですね、このまま
zan好みの突貫デッキ作り続けてもいいのですが、
もうちょっと誰もが使いやすそうなデッキも作って対戦するべきかな!
と思いましてですね、良さそうなデッキを作ってみたです!

これです!
『デボラ撹乱突撃!』


主役はこのカード

デボラさんです!!
そしてこのカードと相性がいいのがなんといっても
下の2枚!

ヴァージンパイクと

シルバーバックです!


これは、デボラさんだけでも出しておけば、
次のターン、ヴァージンパイクやシルバーバックを布陣して直ぐ倒せる幅が生まれます!
それで倒せたらとってもラッキーだし、相手が警戒したとしても、
それによって相手のユニットは自然と前進しにくくなるわけです!!

でも、そのまま延長までっていうのはzanの性に合わないので
ハーピー辺りを入れてるのが如何にもzanっぽいところだぽん!!
デボラを警戒させて一瞬の隙を付いてババッ!と敵陣に!
いざとなれば怒涛の進軍で!!

ああうん。ちょっと方向性がずれてる気がしなくもないけど大丈夫b
三( ・ ・)/ よしっ!がんばるぞー


初手!

事ッ故ーサファリパーク!!

あぶない!ユニットがいないぞ!
中立布陣とかされなくてよかったといふべきか…


なんとかアサシンで守ろうとするも、
早く兵士が欲しい状況!!

あれ?この状況まずくないかぽん?

何とかアサシンにキャプチャーを使って、ユニットを引くしかないぽん!
じゃないと戦えるのがドワーフしかいなくなる……!!

どんっ!

お前か―!来たのお前かロギア―!
ふふんって顔したってお前じゃどうしようもないぞー!!



と、とにかく今は耐えるしかないな…。


むむ!ここは鍵だ!

みんなどうする?

こうしてみたです!

クルサード出すかは迷ったけど、
仮にファイアーディバインとファイアーボール使われて倒されても仕方ないかなーと。
そのまま倒されて中立に雷鳴龍が来る展開はどの道マズすぎるし、
ロギア持ってるから次ターン何とか倒す流れを掴みたい所!

お…おおお?!

これは!!行けるぞ!!

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉおぉおおおお!!!

怒涛の進軍!!


ふはははは

ふはははは


あれ?まずくない?やっぱり怪しくない?

といふか、最終ドローがデボラさんですか!!
遅いよ!!とっても遅いよデボラさん!!もうお仕事の時間殆ど終わってるよ!!

で、こう。

あ、あれ?これでいいのかな?わからないぞ?

zanはここでも勝ってるのかどうかよくわからなかたのですが、
ここでお相手投了されましたです。

対戦ありがとうございました!



今回のデッキと対戦はそんな感じでしたです!

Q 結局デボラさん一回もスキル使ってないよね

A ( ・ ・)…はっ!

拍手[0回]


『布陣列突貫!』

これです!
今回は前回出した通り、このデッキで行きますです!

Q 布陣列突貫とは?

A お答えします!
  布陣列(自陣の一番手前)にいる自分のユニットが、
  いきなり制圧してしまうというとってもびっくりな制圧方法なのれす!


まぁデッキの元は、バトルライン無印の

「布陣列突貫!!」

このデッキれすよ!
この頃は、中央に移動する時ユニットを交換できるユニットを置いて、
自陣にいる騎兵(風)を強行軍で入れ替え、騎兵に突貫突撃を使って制圧する!
という、デッキでしたが、まあはっきり言えばネタでしたよええ。

しかして、今回使うデッキは陽動作戦があるので、
強行軍と陽動作戦でも制圧が可能なのです!!
ただ、そっちの場合は中立にウッドアーマーなんかがいても、
相手がその列に何も布陣しないことが前提になるので望み薄といえば望み薄……

ま、まぁマーリンも入れてるしそうそう勝てないデッキとは思えないです!
よしっ!華麗に決めてびっくりさせるのだぽん!!


最初はなかなかの校長すたーと!

強行軍が既に手札に!

ところがここで、お相手が強行軍を使って自陣に潜り込まれてしまいます

ぴんち!

これでだいじょうぶかなーと

望み薄とはいえ突貫か陽動作戦が来れば次に制圧できる可能性も含んでるし!


ところが!!お相手無風を使い、風ユニットが行動不能に!!

速攻で負けてしまいましたです!

ま、参りました。



(この後のスクショは取り忘れ)


うぐぐ……
なんてこった!速攻ではないか!
といふか、無風を使ってくるとは………てもあしもでない、まさに無風。


そんなこんなで、けっきょく布陣列突貫はできませんでした…
zanの挑戦はまだまだつづく!



今頃になって、上のデッキはスタークを入れ忘れていたことに気づいた…!

説明不足だたのでちょっと解説すると、
あらかじめ中立に、移動する時に入れ替える効果を持ったウッドアーマーを置き、
それに強行軍を使うことで、
布陣列にいる駿足持ちのユニットと交換することができ、
そこから突貫なり、陽動作戦で一気に制圧できる!ということですが、
強行軍は、戦闘力3以上のユニットにしか使えないため、
ウッドアーマーは戦闘力1増やさなければいけないことになるです!
なので、イズベルガを入れたり、良質な武具が入ってるのですが、
スタークで済むなら当然そっちの方がいい!

といふことでした。すいませんです。
無印の方にはツヴァルフという戦闘力5DEF2の同じ入れ替え英雄ユニットが入ってるです。

拍手[1回]

PR


zanの玲瓏 たぶんときどき空を飛ぶ -閉鎖中-
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
zan
性別:
男性
自己紹介:
バトルラインやってます。
対戦するときはよろしくお願いします。

リンクは張りも外しも自由です!ふりー!

対戦してくれた皆さん
ありがとうございました!


and …you!

Q なにカッコつけt

対戦を記事や動画にしてくださる方、
zanは大歓迎です!
許可とらずとも、どんどんやって
もらっておkですy!!
よろしくです!

傾向
最初はささっと要所で長考かと
ほとんどがデッキテストなので
バランス崩壊してるデッキもあります。
が、常に力の限り全力でいきます!

Q zanってどんな人?
A こんな人

その後

扱っているゲームの画像の著作権
バトルライン
(c)2008-2010 8-senses.All Rights Reserved.
バトルライン コンクエスト
(c)2011 8-senses.All Rights Reserved.

「最後のガヴァタール」の使用素材

新しくがばたる公式っぽいツイッターつくった。こちら

このブログは祖国日本を応援しています。がんばろう日本。
無印バトルラインデッキ
まとめ
最新CM
カウンター
ブログ内検索
バナナー!