忍者ブログ
ここは、zanがバトルラインについて書いていくぶっ飛びブログの跡地、のようなとこです。         このブログは閉鎖中です。

といふデッキです。

『誘ってDEF!』

主役はコレ!



どちらも、スキルを使えば、相手ユニットを前に出すことができます!
挑発の効果ですね!
しかしこれを単に使っても、ゴールデンコンドルもウンディーネも
スキルを使った時に大概自滅するだけなので、
カウンター狙いとか、同滅狙いぐらいにしか
普通は使えないのです!

しかーし!DEFを上げることで、ゴールデンコンドルだけで、
或いはウンディーネだけで敵を倒せるようになると思ふのです!

そこで、インペリアルガードや、ドライアドを入れて
DEF上げて倒しまくりデッキ!!というのが狙いですよぽん!!

ゴールデンコンドルのスキルの魅力は何回でも使えることだし、
ウンディーネは1回限りだけど、射撃1とDEF+1もあって、敵を倒しやすそう!
相性はピッタリだね!

よしっ!今回もがんばるぞー

序盤にウンディーネさんが来てくれました!

配置的にもなかなかいいスタート!!

と思ってたらグレイ・フォックスが布陣されたです

うぐぐ…ならべく早めに追っ払いたい形!

おお!ついにインペリアルガードが来てくれました!

ウンディーネさんとのコンボなのれすよ!!

し、しかーし。

普通に倒しちゃいました。
山賊鬼で倒せてソウルポイントおいしいし、
何よりグレイ・フォックスが邪魔だったのですよ、、
まぁ、ウンディーネさんは一度しか挑発できないので、
いい使いどきだったと思ふです!!


き、きた!主役がいなくなったらもう一枚主役のコンドルを!!

ちょうどインペリアルガードが場に出ているので、これを利用して
倒せればおっけー!っていふことでここに布陣したです!

おお!この配置ならコンドル(とインペリアルガード)で
エルフの僧侶を倒せる形です!!

し、しかし……
がまんですぽん。
何故かっていふと、そもそもエルフの僧侶は、倒された時にソウルポイントが1増えます。
なので、むしろ自分から自滅していっても良いカードなのです。
こっちから見ると、倒してもあまりおいしくないのだぽん……。

それだけじゃなくて、エルフの僧侶を倒そうとすると、
どうやってもドーリアを右に動かさないといけないのです。
そうすると、相手のアーケロンで次のターン同滅されてしまいます。
アーケロンは効果使ったので単なる戦闘力3だけど、
こっちのドーリアは戦闘力5以上のユニットと戦う時とても強くなるので、
こんなところで失うわけにはいかなかったのだぽん……。

まぁしかし、最善を尽くし、多くのユニットを倒すことに成功したです!

しかーし!相手のターンで

ドーリアさんには包囲攻撃、インペリアルガードには挑発を使われ、倒されてしまいます!

ここも結構悩んだけど

コンドルでスキル使って山賊鬼でカウンターを取ったです。
コンドルは左のウッドアーマーを倒すのに上手く使いたかったけど、
ターン数も少ないし、右側のエルフの僧侶と山賊鬼を前進させて、
中央を取っておいたほうがいい感じがしたのです!

だ、だがしかし、

( ・ ・)…だいぴんちだぽん!

何とか耐えられそうな布陣をするも…

ぐはぁッッ

参りました。


( ・ ・)がーん…

コンドルさんも上手く使えなかったし…

くっ…!次こそはっ!

食料が、じゃなかったソウルポイントが多い気がしたので、
マルドリッドをスタークに変更。

これからも癖でソウルポイントを食料って書いちゃうことがあるかも知れないけど
脳内変換でよろしくです!

次回からはしばらく突貫デッキとか速攻デッキになる予定。

拍手[2回]

Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PR


zanの玲瓏 たぶんときどき空を飛ぶ -閉鎖中-
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
zan
性別:
男性
自己紹介:
バトルラインやってます。
対戦するときはよろしくお願いします。

リンクは張りも外しも自由です!ふりー!

対戦してくれた皆さん
ありがとうございました!


and …you!

Q なにカッコつけt

対戦を記事や動画にしてくださる方、
zanは大歓迎です!
許可とらずとも、どんどんやって
もらっておkですy!!
よろしくです!

傾向
最初はささっと要所で長考かと
ほとんどがデッキテストなので
バランス崩壊してるデッキもあります。
が、常に力の限り全力でいきます!

Q zanってどんな人?
A こんな人

その後

扱っているゲームの画像の著作権
バトルライン
(c)2008-2010 8-senses.All Rights Reserved.
バトルライン コンクエスト
(c)2011 8-senses.All Rights Reserved.

「最後のガヴァタール」の使用素材

新しくがばたる公式っぽいツイッターつくった。こちら

このブログは祖国日本を応援しています。がんばろう日本。
無印バトルラインデッキ
まとめ
最新CM
カウンター
ブログ内検索
バナナー!