忍者ブログ
ここは、zanがバトルラインについて書いていくぶっ飛びブログの跡地、のようなとこです。         このブログは閉鎖中です。

青空満天です!

『青空満天!』

Q …

A 空を飛ぶzanとしてはこういうデッキは作っておくべき!!

Q 挑発は?

A ないです。

Q 配置転換は、

A 青のカードだけなので、

Q 英雄が7枚ですが…

A さぁ!対戦ですぽん!!

しかしまぁ、基本は水デッキ

初ターンは何も出さずに終了です。
射撃持ちをすぐに出すと、相手も戦闘力が高いカードを選んでくることが多いので、
相手がユニットをだしてから射撃持ちを出さないと、
序盤にコストがキツくなることがあるです!気をつけよう!

お相手はアサシンとドワーフを布陣。

なのでこっちも其れに対抗するように!
初ターンで射撃を出してたらこうはならないと思ふです。
ちなみにサスカッチがあるのにスターマンを出したのは、
歌姫シレーヌを出せば水属性戦闘力+1なので
サスカッチは溜め射撃の効果で、戦闘力2、射撃2になって倒せるようになるので、
サスカッチを出して、みすみす次にアサシンを倒しますよ、とアピールしないことで
次アサシンが倒せる可能性がある、という読みですぽん。

で、でもあれ?

アサシンはともかく、ドワーフまで前進してきました。
ただでやられるのは目に見えてますし、
ロブパイレーツは射撃で倒すとカード一枚引けるので、尚更やり難いと思ふのですが…
ドワーフ犠牲にしてアサシンは残るだろうってことですかね。
そうなるとそれなりに決められるカードが手札にありそう…。

とり、これで脅威は去りましたです!!

ところが、やはりここら辺から戦闘力が高いユニットがでてきます!

ロブパイレーツを戦像が倒してきても、
ウンディーネが射撃すればスターマンもいるので倒せますですね!
アギトにはヒュドラがいるので、どちらも前進しづらい形のはず!!
あ、コストオーバーにしたのは手札たくさんで仕方なかたのですー

ふむ

ここは戦像を倒しておきましょう!

ヒュドラももう一枚持っているのが心強いところ!

なかなかいい配置じゃないかなぽん?

しかーし、また戦闘力が高めのユニットが続々と…!!

で、でもあれ?アギトが前進してきたですね。
ミス…かな?
もしかしたらユニットが手札にたくさんあるので、
ヒュドラの射撃を使い切ってもらいたい、ということかもしれないですね。
どの道アギト犠牲はやりづらい感じがしますが、こっちは倒すしかないですぽん。

残りターンも少ないので、戦像が前進してきてくれれば戦術の使いどころですが…

そうはならずー

次で戦術を使えるようにするしかないかな…

と思ったら!

戦像がサスカッチを倒してさらに挑発!シレーヌが倒れ、ウンディーネまで…!

…ちょっと迂闊すぎですねぽん
にしても挑発すら読めないとは…

無風でレディフェンサーを固めて次ターンで倒せるようにし、
最後の抵抗を試みます!!

あぁ…うん。

ここで、投了すべきかな…

もうちょっと

参りました。



そんな感じでしたです!!






________________
反省会
まぁ、その、なんだ。
突貫デッキを作り続けようと思ったのれすが、
よく考えなくてもばとふぉーはカード枚数がバトルラインに比べて少ないので、
似たような突貫デッキしか作れないんですよねぽん…
既にネタに走ってる時点で今後がふあんだといふか、対戦記続けるべきなのかこれry
栄光デッキとか作れないわけじゃないけどzan的な面白みに欠け、、
っとちょっと悩んだけど次回は突貫強行軍デッキでがんばるよてい!!!

拍手[2回]

Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PR


zanの玲瓏 たぶんときどき空を飛ぶ -閉鎖中-
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
zan
性別:
男性
自己紹介:
バトルラインやってます。
対戦するときはよろしくお願いします。

リンクは張りも外しも自由です!ふりー!

対戦してくれた皆さん
ありがとうございました!


and …you!

Q なにカッコつけt

対戦を記事や動画にしてくださる方、
zanは大歓迎です!
許可とらずとも、どんどんやって
もらっておkですy!!
よろしくです!

傾向
最初はささっと要所で長考かと
ほとんどがデッキテストなので
バランス崩壊してるデッキもあります。
が、常に力の限り全力でいきます!

Q zanってどんな人?
A こんな人

その後

扱っているゲームの画像の著作権
バトルライン
(c)2008-2010 8-senses.All Rights Reserved.
バトルライン コンクエスト
(c)2011 8-senses.All Rights Reserved.

「最後のガヴァタール」の使用素材

新しくがばたる公式っぽいツイッターつくった。こちら

このブログは祖国日本を応援しています。がんばろう日本。
無印バトルラインデッキ
まとめ
最新CM
カウンター
ブログ内検索
バナナー!