忍者ブログ
ここは、zanがバトルラインについて書いていくぶっ飛びブログの跡地、のようなとこです。         このブログは閉鎖中です。

トロッコ問題

問1
線路を走るトロッコの前方に、5人の作業員がいて、このままでは5人が死ぬ。
あなたは線路の分岐器の前に居て、進路を切り替えることができる。
トロッコの進路を切り替えると、別の線路には1人の作業員がいて、1人が死ぬ。

進路を切り替えるべきか否か?

という問題である。つまり、5人を助けるか、1人を助けるかだ。
この問いには、殆どの人が5人を助ける。

そこで、次のトロッコ問題がこれだ。

問2
線路を走るトロッコの前方に、5人の作業員がいて、このままでは5人が死ぬ。
あなたは線路の上の橋にいて、横には太った人がいる。
この人を橋から線路に突き落とせば、太った人は死ぬが、5人の作業員は助かる。
太った人を突き落とすか否か?

この問いには、殆どの人が突き落とさないことを選ぶそうだ。


結構前にサンデルという教授が、正義とは何かという授業をして話題になっていた。
その授業内容がこれだ。
1人を犠牲にして5人を助けるのは正しいはずだが、
問2では1人を犠牲にできない人が殆どだ。
では前者と後者では何が違うのか。人の道徳心とは?

という形で話を進めていく授業だそうだ。



さて、結論から言おう。
正義とは、問1においても、問2においても、
1人を犠牲にすることこそを正義と呼ぶ。
それ以外の正義は存在しない。

サンデルを始めとする、大多数の生徒は、
道徳心という欺瞞で誤魔化しているが、
結局は単に自らの手を汚すことが嫌なだけの偽善者である。


この事は、問題を拡大して考えるとすんなり理解できる。
すなわち、

今目の前の1人を殺さなければ、世界中の人が死ぬ。
の前の人を殺すべきか否か?

問2で、1人を犠牲にしなかった人は、
「私自身が手を下さなければいけないのは違う」
「理由があっても人殺しは良くない」
「太った人はこの出来事に関係ない。運命を変える」
といった思いを持っている事だろう。
その理論に当てはめて考えれば、この問いも
目の前の人を殺さない選択をすることになるだろう。

では聞こう。
その結果、全世界の人が死んだ。
結果を前にして、もう一度自分の理論を言ってみるがいい。
自分の正義を言ってみるがいい。
全ての人が死んだが、この選択は、正義の名の元に正しかったと
言ってみるがいい。



つまり言えないのである。
欺瞞だったのである。偽善だったのである。



これらの問題は思考実験であるから、
他の選択肢は存在しない、選択できないものとして考える。
つまり、単純に結果だけを見て、理論が正しいかどうか考える思考実験なのだ。

この様に問題を拡大して考えれば、その理論が本当に正しいかが直ぐに分かる。

正義とは結果である。
サンデル及び大多数の生徒は(結局は殆どの大衆がこれに該当するが)
正義を履き違えているのだ。正義を語る資格など元よりない。
特にサンデルにおいては、
この様な偽善ごっこで食っていけるのだから良い商売である。

拍手[0回]

Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PR


zanの玲瓏 たぶんときどき空を飛ぶ -閉鎖中-
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
zan
性別:
男性
自己紹介:
バトルラインやってます。
対戦するときはよろしくお願いします。

リンクは張りも外しも自由です!ふりー!

対戦してくれた皆さん
ありがとうございました!


and …you!

Q なにカッコつけt

対戦を記事や動画にしてくださる方、
zanは大歓迎です!
許可とらずとも、どんどんやって
もらっておkですy!!
よろしくです!

傾向
最初はささっと要所で長考かと
ほとんどがデッキテストなので
バランス崩壊してるデッキもあります。
が、常に力の限り全力でいきます!

Q zanってどんな人?
A こんな人

その後

扱っているゲームの画像の著作権
バトルライン
(c)2008-2010 8-senses.All Rights Reserved.
バトルライン コンクエスト
(c)2011 8-senses.All Rights Reserved.

「最後のガヴァタール」の使用素材

新しくがばたる公式っぽいツイッターつくった。こちら

このブログは祖国日本を応援しています。がんばろう日本。
無印バトルラインデッキ
まとめ
最新CM
カウンター
ブログ内検索
バナナー!